ちょっとした記憶の欠落をログで回復したので、その過程と反省について。



いよいよ今週末にSplatoon2が発売される。
前作はパッケージ版を買って、ディスクの入れ替えにストレスを感じることがあったので、今作はダウンロード版にするつもり。
DL版なら品切れになることがないので、発売直前にでもAmazonで買えば良い。

そう考えていたが、そもそも「既に注文した」ような記憶もある。
二重購入は困るからとAmazonの履歴を確認すると、イカの姿が見当たらない。
購入履歴が嘘をつくことはないから、自分の記憶が間違っている……?

こんな時は自分よりも自分の過去に詳しい、Evernoteの出番。

とりあえずクレジットカードの履歴を確認する。
5月に任天堂に6,458円を支払っており、これはSplatoon2の定価額と同じ。
そういえば「My Nintendo Storeにクレカを登録した」記憶がある。

しかし、わざわざ公式のストアで買ったのが解せない。
日頃の習慣や値段を考えても、Amazonで注文する方が話は早い。
何か追加特典があるのかとストアの商品一覧を見たが、特にそういったものもなさそう。

たった二ヶ月前に起こした行動を読み解けないのも情けない話だが、思い出せないものは仕方がない。納得のいかないところもあるが、既に購入していた事実の確認は取れたので、それで良しとした。


その数日後、任天堂から発送メールが届いた。
Splatoon2(ゲームカードフリー版)という表記が引っかかり、改めて記録を辿ることに。
メールに書かれた注文日(2017/05/18)の日記を読み返すと、ニンテンドーダイレクトの放送日だったらしく、放送を見た後にストアで注文したと書いてある。

「ダイレクト」と「カードフリー版」というキーワードが揃い、ようやく記憶が戻った。

カードフリー版とは、パッケージの中にDLコードが入った代物。遊ぶ分にはDL版にしたいが、物としてパッケージも欲しい需要に応えている。
ダイレクトの日に存在が明かされた、公式ストア限定商品だった。

カードフリー版を注文したことを、二ヶ月ですっかり忘れてしまったのは納得できる。
発表された直後に購入したから、せいぜい一時間程度で話が済んでしまった。
後から記憶や記録で補強されることもなく、日に日に印象が薄れていったと。


即断即決は、時間をかけて考える過程を踏んでいないので、記憶に残りにくい。
また一瞬のことなので、意識していないとログにも残らないことが多い。

今回はまだ日が浅かったので、複数のログからの推測と記憶で何とか解決した。
これがもっと昔に遡ると話は別で、そのものずばりのログが必要になってくる。
意思決定が早い時ほど、動機と結果をきちんと書き残すようにした方が良い。

このすば書籍版5巻について。
自分の中で、しっかり整理しておきたいので書く。


[初読後の感想]

色々考えたが「web版を知らなければ素直に楽しめる」という結論に達した。
逆に言えば「web版を知っているから素直に楽しめなかった」のだが。

4巻まではweb版と書籍版で一長一短だと感じていた。
この5巻は、web版で一番好きだった4部(めぐみん編)を再構成している。

紅魔の里への道中は、web版全体の中でも特に印象的だった場面。

・アクセルを舞台にした3部までと一線を画す初めての旅
・日に日に衰弱していくめぐみん(実質タイムリミット有)
・まともに太刀打ちできない格上モンスターたち
・目的地は魔王軍と交戦中という不穏な情報

この長く絶望的な旅路だったからこそ、夜営時の甘酸っぱいやり取りが映えて、その後の里での急接近やシルビア戦、エピローグの感動に繋がると思っている。

ところが書籍版では、かなり様相が変わっている。
まず初めての旅は既に4巻で終えており、アルカンレティア以降から始まる。
その上で道中は大幅にカット。ダクネスさえ貫通するドラゴンゾンビや、いきなり殺しにかかってくるゴーレムが削られたことで、危険な旅の印象が薄れた。
里に向かう目的自体が変わっているので、めぐみんの体調はいつも通りで、カズマが気遣う場面もなくなってしまった。

紅魔の里に着いてからの書き下ろし部分は良かった。
観光名所めぐりや、アクアやダクネスの出番が増えているのは好印象。
ゆんゆんは里に向かう目的にも大きく絡んでいたから、もっと活躍してほしかった。
爆焔を読んだ後だと、余計に影が薄く感じられる。

めぐみんとのやり取りがマイルドになっているのは、物足りないけど妥当。
web版はある意味ちょろい展開で、4部以降のめぐみんは積極的すぎるところはあった。それに説得力を持たせていたのが「弱っているところに優しくされた」という理由だから、今回の話の流れでweb並に濃厚に書かれても困る。

シルビア戦の流れは、ifルートとしてはあり。
カズマとシルビアの対決がなくなったり、テレポートによる翻弄が大幅に減ったり、視点が武器探しに移ったりするので、シルビア自体の印象は薄くなっている。

そして爆裂魔法前後の盛り上がりが物足りない。
カズマの失態をめぐみんが看破したのは、書籍版で一番好きなシーン。
だからこそ、この爆裂魔法で決めてほしかった。あるいは爆裂魔法でさえ全く効かないというのを説明してほしかった。それならレールガン展開も分かる。

一番許せないのはカズマが本当にぱっとしないところ。
特に5巻のカズマは最初から最後まで良いところなしで、そのわりに態度が大きくて好きになれない。
シルビアを強化する失態にしても、web版では自ら謝ったのに書籍版では黙っていて、それを棚に上げてアクアを叱責するのが笑えない。

おかげでめぐみんがカズマを好きになった理由がさっぱり分からない。
カズマも16歳と若返っているから、それで納得するしかないのか。

ここまで変えておいて、終章はweb版からそのまま引っ張ってきている。
名シーンなのは間違いないが、めぐみんが爆裂魔法を諦める動機が弱い。
めぐみんが悩んでいた様子が今までに見られないから、唐突に感じる。
レールガンに吸い込まれた爆裂魔法が最後の一発で良いのか、とも思う。

あとはフォント弄りの悪ノリが多く、目についた。
普通の文字でさらっと書いた方が面白い部分がちらほら。


面白いか面白くないかでいえば面白い。
そしてこの改変も分からないでもない。

web版はネット小説だから、文字数や盛り上げどころの配置に気を遣わなくて良い。
そのため良くも悪くも執拗に描写できたし、出し惜しみもなかった。

書籍版はページの都合があるので、この巻に限らず終盤の戦いが駆け足になりがち。
特に今回は元の4部が長大かつ話が繋がっており、これまでのようにエピソードを分散させることも難しく、純粋に削ぎ落とされた部分が多くなってしまっている。

1~4巻と比べてもweb版から変更・削除されたシーンが多く、その影響でめぐみんがカズマに好意を持つ理由が分からず、web版から持ってきた名シーンにも違和感を覚えた。
仮に評価を付けるなら、web版前提で★2ぐらいの評価になる。


……正直もやもやして、この先の巻を読み進めていくことを悩みもしたが。

次の6巻を読んだ瞬間に全て解消した。
6巻はカズマが調子に乗っただけ可哀想な目に遭うも、最後はかっこよく決める話で、web版を読んでいたときのような興奮があった。
どうやら自分は「カズマが仲間のために知恵と技で敵を出し抜いていく」のが好きらしい。

さらに爆焔2~3巻も読み終え、書籍版の設定に愛着が湧いてきた。
今なら違う感想を持つかもしれないと思い、改めて5巻を読み直すことに。



[再読後の感想]

本編1~6巻、爆焔1~3巻を読了済。
初読時はweb版との違いが気になってばかりいたが、今回はすんなりと読み進められた。
これほど文章を削って流れを変えているのに、話が破綻していないのは素直にすごい。

冷静にめぐみん視点で読むと、オーク戦でカズマの窮地を救ったのはゆんゆんの上級魔法で、続く鬼との戦いでは爆裂魔法を無駄撃ちして叱られている。
カズマは紅魔族の上級魔法無双に感嘆しているし、終章への伏線と言えなくもない。

シルビア戦も書籍版の前提条件なら、レールガンは必然に思えてきた。
カズマの失態も、あの時点では誰も兵器の使い方が分からないというフォローが付いていた。実際に切り札を見つけて持ってきたのは手柄だし、あのままだとジリ貧だったから、今回も充分に活躍している。
2~4巻は爆裂魔法でとどめを刺すパターンが続いていたから、今回のレールガンは変化球だったと、好意的に解釈した。
そういうわけでシルビア戦までフォント弄り以外の不満はなく読めた。

ただし決着からの流れが駆け足気味に感じたのと、終章の唐突感は変わらず。
ぎりぎりまで文章を削って、それでもページが足りなかったんだろうなと。

終章については、シルビア戦の書き方次第だったと思う。
カズマ捕縛時のやり取りがもう少し切羽詰まっていたら、めぐみんが足を止めて怒る場面にもっと筆が割かれていたら、きっと印象は違った。
終章で盛り上がりきれないので、読後感がすっきりしないのが惜しい。


とはいえ、初読時に感じたもやもや感はなくなった。
初読後の感想では細々と文句を書いたが、大きな不満は終章のみ。
もし書籍→webの順番で読んでいたら、違う感想になっていたのは間違いない。

再読後に評価を付けるなら★4にするほど印象は変わった。
読んでいるのは同じものなのに、これほど自分の評価がぶれたことに驚く。

今回の件で、読み手の知識や思い込みが、作品の評価に強く影響することを痛感した。

先日、Evernoteのノート数が4000を突破した。
この親愛すべき第二の脳には、自分が残した全ての記録が保管されている。

……とは限らない。

先日、2014年頃に書いたテキストを探していたが、ノート検索をかけても見つからず。
あちこち探しまわり、Evernote以前に使っていたnami2000の中に見つけた。
他にもEvernoteに移していないデータがいくつか見えて、懐かしく嬉しい反面、これらのデータが完全に意識からこぼれ落ちていたことが恐ろしかった。

Evernoteは随分と昔から使っているように思えるが、本格的に運用を始めたのは2015年末からで、実はまだまだ日が浅い。
当然それ以前に書いた文章や記録は、後から遡って保管するしかない。

たとえばライフログなら、この一年半の間にTwitter(2010年~)、FC2ブログ(2006~)、日記(2006~)を移した。
これでも完全に集約できてはいないが、第二の脳として信頼できる段階にはあった。

Evernoteに検索をかければ、ワンアクションで記録が見つかる素晴らしさ。

ところが先に書いた通り、把握していない取りこぼしが見つかった。
それも大昔のデータではなく、比較的新しいものだった。
今回は第一の脳が記憶していたから掘り起こせたが、もし記憶からも抜け落ちていたら、このデータは意識の外に放逐されていたかもしれない。

Evernoteに記録を集約している自信が、Evernote外の記録への意識を薄れさせている。

対処法は二つ。記録の集約を推し進めるか、意識を分散させるか。
だが記録が複数の場所に分けて保存してある状況は、すっきりしない。
nami2000のテキストには改めて目を通し、Evernoteに取り込む予定でいる。

ここ最近、毎晩欠かさず、夢にめぐみんが出てくる。
確固としたイメージで出てくることもあれば、名前や気配だけのこともあり、また起床時に後付けで解釈している可能性も捨てきれないが。
これほど同じテーマが続くのは初めてのことで、ちょっと驚いている。

昔から寝つきが悪く、夢見も悪い。
よくご馳走を前にして目が覚めてがっかりするという話があるが、そんな経験は少ない。
むしろ今のは夢だったのかと安堵し、朝から現実の優しさを噛み締めてばかり。

よく見る悪夢のパターンに「伴奏を任された合唱コンクール前日にまったく譜読みができていない」というものがある。実際に弾くところまでは話が進まない。
この後の惨事と他者からの糾弾を回避できない、というのがポイント。
最後に伴奏をしたのは高校生の時だが、卒業後もこの夢には随分と悩まされ、縁が切れたのはここ数年。自分で思っていた以上にプレッシャーだったらしい。

どうせ見るなら楽しい夢の方が良い。

起きている時の思考や行動が、少なからず夢に影響するのは間違いない。
鮮烈な出来事があった日の夜は、大抵その夢を見ることも体感としてある。
最近の夢については、それだけ興味関心が集中しているから(特に寝る直前まで本に没頭しているから?)と思われるが、上手くこの状態を維持していきたいところ。

悪夢を見ないだけでも嬉しいが、どうせなら思い通りに操作できたらとも思う。
楽しい夢を見た時は夢日記をつけているが、残念ながら明晰夢を見たことはない。
人生の必要経費である睡眠をエンタメに変換できたら、これ以上の充実はないのだが。

kindle端末が話題に上り、興味はあるが自分は本を読まないからなあ、と思った。


本を読まない人間である。

子供の頃は暇さえあれば本を読んでいた。
自他共に認める読書家だった、と言い切っても良い。
今思うと恐ろしいが、文庫本を読みながら下校することも多かった。
もちろん親や先生に注意されたが、素直に従った記憶はない。

時は00年代。中学校の図書室は、何故かライトノベルが揃っていた。
漫画が駄目でラノベが許される基準は当時から不思議だったが、あるものはありがたく読ませてもらった。
朝読時間後も本を引き出しに戻さなかったし、授業間の休みに本に没頭しすぎて移動教室に遅れかけることも何度かあった。

雲行きが怪しくなるのは高校から。
まず図書室のアクセスや本の揃いが悪く、あまり通わなかった。
休み時間に読書していたら、勉強しろと苦言を呈されたこともあった。
携帯電話の存在や、受験シーズンという時期も、向かい風だった。

受験から解放され、大学ではまた色々な本を読むつもりだったのだが、ここで急に読書の習慣が消え失せてしまった。
学部の関係もあり、最近読んだ本の話題になることも多かったが、その度に答えに窮するほどだった。
昔読んだ本ならいくらでも答えられるのにと歯がゆい思いをしたが、それでも読書の習慣は戻らなかった。

大学を出てからも変わらず、現在に至っている。
もちろんピンポイントで気になった本を読むことはあったが、年間に直すと0~1冊という有様である。


今思えば、僕は読書家ではなく、単なる娯楽好きでしかなかったのだと思う。
読書は学校で許された唯一の娯楽だった。
読書よりも優先できる娯楽が存在すれば、そちらに流れるのは当然だった。

ここ数日は久しぶりにラノベを読んでいるが、本を読むと他のことをする時間がなくなる。
数多くの娯楽が時間を奪い合う中で、読書にどこまで割けるかを考えると、やはり自分が読書家になる未来は見えない。
ただ、せっかく過去に持っていた趣味なので、尊重してあげたい気持ちもある。

もしもkindle端末を買ったなら、それが一つの分岐点になるかもしれない。
なんて、淡い期待のようなものを抱いている。