月曜に更新した記事で「旧web版Evernoteのノートリンクでクライアント版を呼び出してしまう」ことを書いたが、これが火曜の夜には解決していた。
……他に言及している人がいない以上、原因はEvernoteではなく個別の環境の問題だったのかもしれない。なお特に再起動などはしていない。
この手のトラブルには疎いから、Twitterやブログで触れる時は念入りに調べてからにしているが、結局分からないままアウトプットすることが多い。今回に至ってはよく分からないままに解決まで進んでしまい、何の参考にもならない結果に。まあ直ったなら良かった。

と、これだけ書いて終わるのも寂しいので、近況を書き連ねてみる。


[マリオオデッセイの話]
最後の面を攻略中。当初の手触りではゼルダBotWほどの衝撃はなかったが、ニュードンクシティで一気に引き込まれ、最終面でまた上手いなあと膝を打っているところ。
発売初日にエンディング到達している人がちらほらいたが、たしかにクリア優先で進めると話は早い。このテンポの良い作りはむしろ嬉しい。
しかし探索やムーン集めを始めると、いくらでも時間が溶けていく。アスレチック系を筆頭に、結構厳しめの操作を要求してくるムーンもあるので、今作を隅々まで遊び倒すのは難しいかも。
あと30分ぐらい遊んだつもりで時計を見たら2時間経っていた、みたいなことが頻繁に起こる。なかなかの時間泥棒っぷり。


[余暇の奪い合い]
それなりに遊ぶ時間は確保しているはずだが、まったく追いつかない。
まずゲームだけでも忙しい。戦国無双真田丸を買えていないのに、この金曜にはポケモンUSUMが発売されてしまう。キャットクエストも気になっているが、優先度の高い大作ソフトが多いので手が回らない。
さらに何故かこのタイミングでピクロスブームが再燃してしまい、今はマリオデとピクロスに圧迫されている状況。
ソシャゲはアズレンFEHチェンクロと3つ抱えているが、アズレン以外はデイリーボーナスを落とさないのが精いっぱい。ここにどうぶつの森ポケットキャンプが来るなんて嘘でしょ……。

おかげで創作やEvernoteに回す時間が満足に取れていない。
やりたいことが多いのは幸せではあるが、手が回らないのはそれなりに引っかかるものがある。もう少しメリハリを付けられれば良いのだが。


[年末の気分]
秋から冬にかけて飛ぶように過ぎていくが、もう11月も折り返し。
大河直虎も最終盤だし、2017年の終わりが近づいてきた心地がする。
最近ちょっと落ち着かないというか、色々と片づけてしまいたい気分になっているのは、この年末意識があるからかもしれない。
冷静に考えたら、プライベートで抱えているものは12月も1月も関係ないのだが。案外、区切りを気にしてしまう性格なのか。
「気がついたら12月になっていた」ことだけは避けたいので、今月中に創作を一話でも前に進めたい。

記事タイトルだけで言いたいことが終わってしまった感はある。

今年の頭にTwitterや「新年のゲーム事情」で書いたように、2017年の目標は「ゲームを10本クリアする」だった。
この目標は、要するに自分の趣味の時間をしっかり取るという決意表明だった。
2017年から環境が変わったので、生活がどうなるか分からない中で先手を打って掲げたのだが、結果的にはそう心配する必要はなかったらしい。

春頃までは(主にBotWに時間を取られて)10本の目標がかなり厳しく思えたが、夏から秋にかけてスピードが上がり、二ヶ月ほど残しての達成となった。

17/01/20:ショベルナイト(WiiU)
17/02/22:FE聖魔の光石(WiiUのVC)
17/05/23:FEエコーズ(3DS)
17/06/04:ゼルダの伝説BotW(Switch)
17/06/25:ミートピア(3DS)
17/08/17:カービィのすいこみ大作戦(3DS)
17/08/20:スプラトゥーン2(Switch)
17/09/27:幻影異聞録♯FE(WiiU)
17/10/04:世界樹と不思議のダンジョン2(3DS)
17/10/29:ポケモン銀(3DSのVC)

新作大作から懐かしのVCまで、バランス良く遊ぶことができて満足している。

今年は3月にSwitchが発売されたのが大きかった。春のゼルダと夏のイカちゃんはそれぞれ年単位で遊べるほどの大作。現在進行形で遊んでいる秋のマリオオデッセイに加え、まだ冬のゼノブレイド2が残っているのだから、恐ろしいほどの豊作っぷり。

その一方で3DSでも次々と新作が出て、遊ぶ手が追いつかずに見送ったソフトもいくつかある。ドラクエ11はいずれSwitchでも出るだろうと考えて見逃した。FE無双は時間取られそうなのと、真田丸を買うつもりなので見なかったことにした。真・女神転生DSJは原作の頃から興味があったが、今回も発売タイミングが悪くて。Switchの小粒DLソフトにもちらほら面白そうなものはあったが、パッケージ作品だけで手一杯。
さすがに来年あたりが3DSの限界だと思うので、今後はSwitchに一本化されて落ち着くと踏んでいる。

今年はまだ二ヶ月残っているので、年末にはもう少し上乗せされるはず。
まだ発売されていないタイトルだけでも、ポケモンUSUM、戦国無双真田丸、ゼノブレイド2と盛りだくさん。遊びたいゲームが多すぎて嬉しい悲鳴。

最近、アズールレーンに熱中している。
というのも「ながらプレイによるレベリングやハクスラ」が自分の嗜好と合っていた。
思えばMHシリーズの炭鉱夫も、この類のゲームだった。地道なレベル上げが好きなタイプではないが、そこにハクスラ要素が加わると一気に楽しくなる。

単純作業を周回して抽選を繰り返し、その間も少しずつ戦利品が貯まっていく。
こういうゲームの需要は間違いなく存在する。

副産物は多ければ多い方が良い。
炭鉱夫の場合、お守り自体の幅が広いのと、鉱石が素材にもゼニーにもなるのがお得だった。お金はいくらあっても困らないゲームだったので、金策のために火山に出かけることも多かった。

アズレンの場合はキャラの経験値、好感度(新ボイス解禁に繋がる)、お目当ての品以外のドロップと、かなり恵まれている。
スマホゲーなので片手間に周回できるのも良い。同じスマホ上で競合するチェンクロとFEHには支障が出ているが、PCやゲーム機はフリーなので助かる。
ついでに言うとリアルマネーで簡単に解決するものではないのもポイントが高い。楽な抜け道が用意されていると、時間をかけて積み上げていく意義がなくなるので。

こうして冷静に見ると、炭鉱夫以来の理想的な周回ゲーを確保できたといえる。
それでいてキャラクターが可愛い。これは気に入るのも無理はない。

頭が疲れているときも回せる単純作業は、いくつか確保しておくべきだと思う。
がっつりと遊びたいほどではないが、寝てしまうのは惜しい。そんな時、ゲームに限らず「気軽にできる単純作業」があると、良い気晴らしになる。
もちろん、その単純作業に主導権を握られてしまうのはよろしくないが。


今月もあっという間だったと言いたいところだが、何だかんだで9月は長かったように感じる。中旬までは早かったけれど。
例年よりも残暑を感じなくて、素直に秋の涼しさを感じる日が多かった。

記事の振り返り。1日の記事を書いたのは随分昔に感じる。今週はスープ作りをサボっていたので、読み直してぎくりとした。
5日と13日の記事は、どちらも昔を懐かしむもの。世界樹シリーズは一度振り返ってみたいと思っていたので、書けて良かった。
20日の記事は創作について、今月は世界樹の創作にエネルギーを使っていたが、途中で煮詰まっていた時に書いた記事。とんでもなくコスパの悪い趣味であることは間違いないので、楽しいと思える範囲で続けていきたい。
25日はEvernoteについて。乗り換え先がないことは以前から不安ではあったが。chromeでノートが表示されないバグは相変わらず。
27日の記事は、構想自体は以前からあったが、もう少し冷静な時に書くべきだった。感情に任せて書くのもログとしてはありだが、外に出す必要はない。

ゲーム事情。8月下旬から遊んでいた幻影異聞録をクリアした。Switch版MHXXとセカダン2を放り投げて買ったのは正解だったと思う。明るい作風に楽しいシステム、全体的に真摯な作りに大満足した。ようやくエンディングの余韻も抜けてきたところ。
続いて、序盤でうろうろしているVCポケモン銀も進めたいところだが、結局セカダン2を買ってしまった。テキストなど色々と言われているが、第4迷宮時点では楽しさが勝っている。
先日28日に発売したFE無双も気になっているし、10月にはマリオオデッセイも来るし、なかなか忙しい。

手が回らなくなってきているのは、創作に時間を割いているからかもしれない。世界樹2の自ギルド小説を書き始めており、暇を見ては構想を練ったり資料を漁ったり。
2009年に世界樹2を遊んだ時から、いつか長編を形にしたいと思っていたので、念願叶ったといえる。まだ1話しか書けていないけど。
長編を今まで一度も完結させたことがないから、これは頑張りたい。

先月末に最新作のセカダン2が発売された世界樹の迷宮シリーズ。
大好きなゲームだが色々と思うところもあり、この機に改めて振り返ってみる。

2007:世界樹の迷宮
2008:世界樹の迷宮2 諸王の聖杯
2010:世界樹の迷宮3 星海の来訪者
2012:世界樹の迷宮4 伝承の巨神
2013:新・世界樹の迷宮 ミレニアムの少女
2014:新・世界樹の迷宮2 ファフニールの騎士
2015:世界樹と不思議のダンジョン
2016:世界樹の迷宮5 長き神話の果て
2017:世界樹と不思議のダンジョン2

世界樹の迷宮シリーズは、新作が出る度に文句が言われてきた。
今でこそ傑作扱いされている3や4も、当時は散々な言われようだったもので。
それでも今にして思えば、3DS全盛期だった2012年頃が一番幸せだった。

シリーズが転機を迎えたのは、ストーリーモードを搭載した新世界樹1。新しい客層を狙ったのは分かるが、シリーズのコンセプトを否定しているとして、旧来のファンの反発を招いた。
2013年は当時アトラスの母体だったインデックスが倒産し、新世界樹1が遺作かと囁かれていた時期でもある。あの頃の空気は本当に重かった……。

それからセガに拾われてアトラスが復活したのは良かったが、賛否両論だった新世界樹シリーズを続けて出したのは火に油だった。クラシックモードに限定しても新世界樹2自体は良作だし、5と発売順が逆だったらと惜しく思う。
初のコラボ物のセカダンは当初盛り上がったものの、蓋を開けてみればお世辞にも良作と呼べるものではなく。コラボなのにお互いの良さを殺し合っているのが残念。

待望されていたナンバリング新作の5は、原点回帰を謳って薄味だったり、食材関連が練り込み不足だったりと、やや物足りない出来。期待値が上がり過ぎたのかもしれない。
これが初代なら文句はないが、シリーズ七作目でこれかという感想はある。UIや舞台や魔物を一新するなら、根本的なゲーム部分も変えてほしかった。


そうして足踏みしている間にSwitchが発売され、3DSの後継機がどうなるかは未だ不明。
二画面とタッチペン前提のゲーム設計なので、そのままSwitchには移行できない。
世界樹5発売後に「次の作品を作っていない」との発表も追い打ちだった。

実際はシリーズ十周年作品としてセカダン2が発売されたのだけど。
前作がちょっと厳しかったので、自分はまだ様子を見ているところ。

そんな中で、昨日ファミ通のインタビュー記事が公開された。
>もうひとつの集大成とも言えるような、“お祭り”的な作品をお届けしたい。
>そのような思いに至りまして、現在、新作の開発を進めているところです。
>これが、ニンテンドー3DSで下画面に地図を書く、最後のシリーズ作品になります。

「お祭り的な作品」とは、それこそセカダンのことだと思っていたが。
書き口とタイミングからしてナンバリング新作ではないだろうし、地図を書くならコラボや外伝とは違うはず。「もうひとつの集大成」から考えて新世界樹3と予想している。

何はともあれ、また3DSで地図を書く新作が出ることは喜ばしい。
それが最後になることも、ハードの世代交代を考えれば妥当。
むしろ明言してくれてすっきりした。

あとはSwitchで世界樹シリーズを続けてくれたら本望だが、このあたりはもうアトラスの判断になってしまうので、祈るしかないところ。
個人的にはマッピングを捨ててでもシリーズを続けてほしいし、初代からのマンネリを脱却するチャンスでもあると思っている。
シリーズの存続が無理なら、せめてキャラメイクできるRPGを出してくれたら嬉しい。