FC2ブログ

冬は好きだ。凛と透き通った空気は身が洗われるようだし、柔らかな陽射しはずっと浴びていたくなる。
しかし秋を飛び越していきなり気温が下がるのは勘弁してもらいたい。

今年の夏は猛暑で、秋は一転涼しい日が続いている……と思ったら夏日が戻ってきたり、台風を挟んだ後は一気に冷え込んだり。今朝などは完全に冬だった。
こうも寒暖の差が激しいと、体調を崩さないわけもなく。喉の違和感に腹痛、肌の痒みなどを感じている。

身体が弱ると心も弱るのか、いつもよりセンチメンタルな気分になっている。

昨日の帰り道は特に顕著だった。
雨上がりの水気を含んだ雲、晴れ間の見える東の空、涼しさを通り越した冷たい風。すれ違う冬服の中学生、昔住んでいた団地への上り坂、取り壊される家屋。
五感が震え、追憶が身を貫く。季節柄、ままならぬ感傷に浸ることはあるが、昨日は特段のものだった。やはりメンタルが弱っているのだろう。

「今」に大きな不満はなく、いつも今が一番だと思って生きてきている。
しかし今となっては遡れないもの、既に通り過ぎた時代に焦がれる思いもまた、人より幾分は強いかもしれない。

スポンサーサイト

すっかりブログもご無沙汰になっていた。一週間に一度更新ルールは失敗してしまったが、ペースを守るために無理やり記事を捻出するのも違うように思えていたので、これで良い。

とりあえず最近のゲーム事情を。今遊んでいるのは三つ。

メギド72
今一番熱い。思えばずっと熱いのだが。チェンクロやFEHやFLOを放置して、ソシャゲはこれ一本に絞っている。
メインストーリーは配信中の5章までクリアし、4章以降の討伐やコロシアムにも手を出している。
基本的にイベントと育成の繰り返しだが、遊ぼうと思えば主に討伐を遊べるのが良い。ゲームを遊んでいない時も編成や戦法を考えるのが楽しい。

世界樹の迷宮X
8月頭の発売だったが、まだクリアできていない。途中のボスで弱体化ギミックに気づかず、詰まって放置していたのが大きい。単純にボリュームもあるし。
サブクラス解禁まで来てしまうと、もうレベルを上げても新しいスキルが開放しないという停滞感はある。レベル70目前でもまだ最終階層に到達していないという恐ろしさよ。
早くこれをクリアしないと他のゲームに手を付けられないというか、今これを放置するとそのまま積んでしまいそうで怖いので、優先している。

ゼルダBotWマスターモード
ちょくちょくやっている。綺麗な景色を楽しめるから好き。二周目で当てのない旅ではあるので、目的がはっきりしている前二つのゲームより優先度は低い。本当は時間を気にせずぼーっと遊びたい。


気になっているものが四つ。

オクトパストラベラー
ラビーさんちで遊ばせてもらい、映像もテキストもBGMも雰囲気が良いので、絶対に買うと決意したゲーム。
しかし大作RPGで時間を取るのは間違いなく、せめて世界樹を片付けてからにしたい。

ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団
ずっと気になっていたゲームがSwitchで本日発売。キャラメイク式のダンジョンRPGのはず。このジャンルと雰囲気にしては意外なことに、難易度は優しめらしい。
これは肌に合うか合わないかはっきり分かれそうなので、やや博打気味。オクトパストラベラーとどちらを優先するかといったところ。

ドラゴリアロスト
今日から配信。任天堂のソシャゲは結局FEHが一番流行っているように思えるが、これはどういう形式なんだろうと興味がある。基本無料だし軽く遊んではみるつもり。
→遊んでみた。FLOと同じようなアクションゲーだったのね。キャラやBGMの雰囲気は良い。☆5キャラも引けたので、しばらく進めてみる。

Undertale
妙に流行っているので気になっている。どんなゲームなのかいまいち分からないのと、数少ない事前情報では自分に刺さる感じではないことから、優先度は低め。世間の人気を理由に遊んでいまいちだったことは多々あるので。

あとは11月中旬に出るポケモンピカブイは絶対に買うので、それまでに少しは進めておきたい。
世界樹Xを9月中にクリアできたら良いが、この土曜も忙しいし、なかなか厳しいかも。

長かったような短かったような、そんな8月が終わろうとしている。
記録的な酷暑といえば7月末の方が酷かったようにも思うが、単に慣れただけとも考えられる。


あまり更新に力を入れた月ではなかった。7日の記事はタイトルこそ仰々しいがただの雑記。
14日と22日がKindle端末やブクログの話で、27日はゲームの話。

盆でペースが乱れたのか、特に後半は全体的にしんどい日が続いた。夏バテだったのかもしれない。
休みの日は黒いシャツ、仕事の日は白いシャツと分けているが、この二週間はどうにも気が乗らず仕事の日も黒いシャツを着ていた。馬鹿にならない慰めになる。

ゲームについては27日の記事で書いたが、月頭に世界樹Xが発売されたので、それ中心に。

kindle端末と向き合った月と言えようか。結果論でいえばiPhoneのkindleアプリで充分では……と思わなくもないが、買ったから分かったこともある。
大人買いして9巻で止まっていたこのすばを再開している。中学時代に読んでいたラノベよりもさらにやわらかい文章だと思うが、頭を使わずに読めるのは良い。
それと並行してスティーブン・キングの「書くことについて」を読んでいる。今は伝記部分が終わって具体的な話に入っているが、抜き出すところが多すぎてなかなか先へ進めない。
あとは先日さくらももこが亡くなったので、もものかんづめを読み直すかと探したら、去年の1月に手放した後だった。もう読まないだろうと思ってもこういうことがあるから、物を捨てるのは難しい。

こんな感じで読書への熱量が戻っているのは、高校時代に作ったまま忘れ去っていたブクログを引っ張り出してきたのも大きい。
ネット上、SNS上の語り口に疲れているのもあるので、読書習慣を復活させようと思う。

朝夕に高校生の姿が見られるようになった。
来週には小学生も姿を現すだろう。夏休みも終わろうとしている。

定期的なセーブポイントということで、最近のゲームの話を。
中心にあるのは世界樹Xで、久しぶりに3DSを引っ張り出してきている。
マスタースキルもサブクラスも開放したが、表クリアまでの進捗は七割といったところか。いつもの世界樹ならもうクリアしていてもおかしくないが、今回はボリュームが多くて。
もちろん楽しんでいるが、世界樹はそもそも飽きやすいゲームでもある。ぶっ続けでやると疲れてくるところもあるので、休憩にゼルダBotWを起動。

これですっかりハイラルに馴染んでしまった。
最近またハイラルに行きたいと思ってはいたのだが、初回プレイの時のように嵌まっている。良い感じに記憶が抜け落ちたらしい。
一周目は目に映るもの全てが新鮮でそちらに気を取られていたが、二周目は拠点で料理をたくさん作り、馬を連れて街道を進み、行き交う人と会話を楽しむ旅になっている。ワープを禁止したら地理を覚えられるようになった。

Switchと3DSが動いているということは、スマホに取れる時間が減っているということでもある。
まともに遊んでいるのはメギドぐらい。チケット使用でスタミナを使い続けられるのが強い。
FEHは辛うじてログインボーナスだけは貰っているが、それも煩わしさを感じている。
FLOとチェンクロに至っては放置気味。FLOは最初のイベントの難度とマルチのエラー落ち多発で、やる気が失せたところはある。他に遊ぶものがなければもっと遊ぶ気ではいるのだが。

ゲームに限っていえばそのぐらいか。世界樹は裏まで考えたら来月みっちりやっても終わらない可能性すらあるし、のんびりやっていこう。
この文章を書いている今、一番熱いのはゼルダ。遊ぼうと思えばいくらでも遊べるので、しばらくゲームには困らなさそう。

kindle端末。まだいろいろと触っている。自分が書いた小説を縦書きPDF化して取り込んで遊んでみたが、これが一番楽しかったかもしれない。
自分の環境ではどうしてもデータを右綴じにできなかったり、PDFだからかページ送る度にリフレッシュが入ったりするけれども。

kindleの位置づけ、保管スペースを取らず気楽に本を読めるが、所有感はないという結論に達した。
「管理がしづらい」「カラーに対応していない」「Amazonの機嫌次第」といったあたりが理由になる。
kindleに完全移行する気はなくなったし、お気に入りの本は紙で持っておきたい。

今後kindleで買うとしたら、紙で持っておくほどではないが読みたい本とか、kindleの方があからさまに安いとか、場所を取るハードカバーかkindleの二択とか、そういう時になるか。データなので気軽に買いやすいのはたしか。
逆にカラーイラストのある本(ライトノベル、図録、資料集)は紙で買う。

そして手持ちの本を全て並べたい欲は、ブクログでカバーすることにした。
これなら紙もkindleもまとめて管理できるし、ログとしても優秀。
Evernoteとの兼ね合いをどうするかは悩みどころだが、Twitterをツイログで管理するように、本についてはブクログに任せた方が良い気がしている。


「本を読まなくなったけどkindleを買えば読むようになるかも」という雑な理由で端末を買ったが、いざ使ってみると紙の良さを再発見するばかりで。
ただ読書という行為に意識が向いたので、思っていた形とは違うが、当初の目的は果たしたといえるのではなかろうか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。