FEif 4周目記録

1周目:暗夜ノーマルクラシック→カジュアル
2周目:白夜ノーマルカジュアル
3周目:透魔ノーマルカジュアル

そして4周目へ。
○全ルート終わったし次はハードに挑みたい
○カザハナちゃんに槍殺しを持たせたい=マリッジプルフ必須
○そろそろマイユニ男で好きな子と結婚したい
○カンナとマトイ以外の子世代も見てみたい

大体こんな感じで、白夜ハードカジュアル開始。前は使わなかったキャラも使いたかったので、枠の関係から白夜きょうだい縛りに。
やっぱり稼げるから暗夜ノーマルほどの圧迫感はなかった。それでも後半は突撃型の処理に苦心したり、カジュアル前提の戦い方を強いられたり。終盤で一気に敵が強くなるんだけど、あれ稼ぎなしだと味方のステータス追いつかなくて詰む気がする。

CK96GoNUcAAz4_a.jpg

カップル成立したのはマイユニとカザハナ、アサマとセツナ、スズカゼとフェリシア、ニシキとアクア、サイラスとオロチ、ヒナタとオボロ。子世代が仲間入りする前は親世代(ニシキやサイラス)も使っていた。特にツバキは結婚逃した後もしばらく使っていたけど、シグレ加入時に二軍落ち。そのシグレも活躍したわけじゃないから、今回はあまり飛兵を使わなかった感。

最終的なプレイ時間は41:01。以下、使用キャラ雑感。


マイユニ:ダークプリンス→白の血族→スターロード。287戦167勝。スキルはキャッスルで揃えたから、中盤以降ずっとスターロードだった。一芸に秀でているわけではないけど、高めのHP+太陽+支援相手の多さで安定した活躍。カザハナと結婚。

カザハナ:侍→剣聖(途中で鍛冶を経由して槍殺しを回収)。211戦161勝。今回も軍のエース。力や速さといった欲しい能力が確実に伸びてくれるのが彼女の強さだと思う。HPと防御さえ補強すれば、毎周安定して戦える。終盤の斧使いはカザハナがいないと太刀打ちできない。

カンナ:ダークプリンセス→白の血族。93戦69勝。派手に動き回るモーションはマイユニよりカンナの方が合ってる気がする。錬成を繰り返した鉄の刀を武器に、竜穿で攻めていくスタイル。防御面は厳しく、あっさり落とされてしまうことも。

アサマ:修験者→山伏。117戦55勝。クラスチェンジ直後はとんでもない強さだったけど、速さ不足から徐々に壁兼回復役として落ち着いていった。守りの薙刀は神器。杖職はいくらいても困らない。セツナと結婚。

セツナ:弓使い→弓聖。164戦120勝。相変わらずの微妙成長で、ミタマを産んでからはしばらく二軍落ちしていた……が、残心を手に入れてから一軍復帰。終盤の強敵とも何とか戦いぬき、終章ではトドメの一撃を決める大活躍っぷり。弓聖の強さを思い知った。いつか結婚したい。

ミタマ:巫女→戦巫女。88戦57勝。カンナと支援あるのでセットで運用。弓の火力に杖まで振れて、軍一番の便利キャラだった。そして終章でガロンに禍事罪穢を決めた、1ターンキル最大の貢献者。今のところ子世代で一番好きかも。

フェリシア:メイド→魔戦士→メイド。164戦93勝。序盤は深窓の令嬢が便利だった。中盤以降は相変わらずの爆炎手裏剣マン。魔殺しがあるので敵の魔法使いを釣る時に大活躍。しかし物理職の攻陣で落とされることも。地味にカザハナと同性支援あるのが助かった。スズカゼと結婚。

スズカゼ:忍→上忍。183戦73勝。子世代回収後は使わないつもりだったけど、鍵開け要員として最後まで出番があった。戦闘能力自体は低め。

ミドリコ:薬商人→大商人。51戦24勝。弓を持てるけどミタマほどのダメージを出せず、鍵開けできるけど宝箱に辿り着く前に撤退しちゃう。子世代は支援少ないから数合わせに入ってた感じ。

アクア:歌姫。36戦17勝。再行動は強い。うっかり敵の攻撃範囲に入ると死ねるのは変わらず。ニシキと結婚。

シグレ:天馬騎士→ダークファルコン。65戦38勝。火力も耐久も微妙で、正直クラスチェンジは失敗だったかも。唯一の飛兵にして、唯一の子世代男。これで歌えたらもう少し便利だったのに。

キヌ:妖狐→九尾の狐。78戦55勝。獣特攻が便利なんだけど、守備が伸びないのが結構つらい。回復を持たせたから自己完結はできるけど、敵を待ち構えるのは無理。今のところ子世代で一番好き。

オロチ:呪い師→婆娑羅。207戦111勝。前から婆娑羅使ってみたかったので陰陽師ではなくこちらに。神雷の薙刀を使いこなせる希少種。魔力以外のステータスは貧弱だけど、魔力で大ダメージ出せる面子が不足しているためか、最後まで存在感があった。滅殺は傾奇者前提か。サイラスと結婚。

ゾフィー:ソシアルナイト→パラディン。103戦61勝。サイラスとオロチの子。母親の成長率が影響したのか、パラディンなのに防御面が貧弱で盾になれず。機動力のあるビーストキラー使いとして、鉄砲玉みたいな扱いになってしまった。

ヒナタ:侍→鬼人→鍛冶。147戦65勝。貴重な斧使いなんだけど、成長率いまいち過ぎて終盤は厳しかった。それでも槍持ちジェネラルなんかにはハンマーで一矢報いたりしたけど。オボロと結婚したけどヒサメは使わなかったな。

ユキムラ:絡繰師。42戦17勝。終盤加入+個人スキルが有用なので連れていた。

他:ツバキ101戦65勝、サイラス84戦42勝、ニシキ87戦63勝、オボロ100戦54勝。


次はマイユニ女で暗夜かな。ハードに挑むつもりだったけど、白夜ハード終盤が結構しんどかったので、ノーマルクラシックにする。

MH4Gクエスト記録

恒例の記録。太字はキークエ。赤字は緊急。

続きを読む

果敢なる腕試し

14/11/04

やりたいことが色々とあって忙しいハンターライフ。

イベント★6「外伝:乗りかかった輸送船」 雷神宝剣キリン 02'01"83
 ハンマー、大剣、スラアク。オンラインで上位レギオス回すならこれ良いかもしれない。エリア移動ないし、ユクモチケットも貰える。

イベントG★1「桜散らすは魅せるため」 獄双刃リュウソウ改 05'05"20
 大剣、大剣、ランス。なかなか人が集まらなくて、出発に時間がかかった。狩猟の方は付けてて良かった毒無効。乗りダウンや罠麻痺がないと、最初の鬼人強化に持っていけないのは課題だなあ。最大金冠。

イベントG★2「2頭が織りなす狩猟讃歌」 テオ=エンブレム 06'24"16
 チャアク、操虫棍、ライト。闘技場のゲリョスとオウガ亜種だけど、今度はすぐに人が集まって意外。当てにしていた分断柵が使えず、閃光と毒と龍属性やられのコンビネーションが厄介。オウガ亜種は火力があるから、ゲリョスに気を取られているとあっさり殺されるのが怖いところ。乗りで動きを止めつつ、何となく皆が攻撃している方を集中狙い。先にどちらを狙うか決めておいた方が良かったかもしれない。たまに見知らぬ煙が上がっていたのは、万能湯けむり玉かな。

祀導器【一門外】を祀導神器【不門外】、さらに祀導神器【封解】に強化。3Gの時は不門外さんで打ち止めだったけど、今回は格好良い最終強化系が増えてて良い。素材も良心的だった。

大老殿★3「対霞龍防衛作戦!」 ゴールドラディウス 23'14"66
 操虫棍、操虫棍、大剣。武器火力がなかったのか、兵器狙いであちらこちら移動してたのが悪かったのか、4人がかりとは思えない長期戦になってしまった。おかげで尻尾は初切断に成功。きちんと先を狙わないといけないらしい。なぎ払いブレスの即死があるから、なかなか攻撃的になれない相手。そういえばナズチはクシャやテオよりも体力高いみたい。


村も大老殿もきつくなってきたから、ここらで闘技大会の全武器クリアを目指してみる。4時代にクリアしたものも全リセットされてるから、クリア日も改めて記録するようにしようかな。

闘技大会★2「イャンクック討伐」 大剣+ハンマー 06'49"56(A)
 使い慣れていない大剣。斬れ味もすぐに落ちるから、いかに頭を狙えるかが勝負。しかしパートナーも頭狙いなので、地味に被ってしまうという。たぶんパートナーも使い慣れていない武器だったようで、結構な被弾祭りに。クリア後に互いを打ち上げてジャンプ攻撃するのが楽しかった。

闘技大会★2「ケチャワチャ討伐」 スラアク+双剣 05'48"06(A)
 どこを狙えば良いのかいまいち分からないケチャ。双剣を使おうと思ったけど、先に取られてしまったのでスラアクで。これも斬れ味の悪い武器で、砥石の使い時に悩む。弾かれると大変だし、パートナーを切り上げるわけにもいかないから、必然的に剣モード主体に。しかし剣だと斬れ味の消費が激しくなるジレンマ。毒投げナイフと剣モードで毒らせた後は、純粋に殴りかかるだけの闘技だった。足を引きずっても少しは体力があるらしく、パートナーが乙。とどめをジャンプ属性解放突きで決められたのは爽快だった。

闘技大会★2「イャンクック討伐」 片手剣+大剣 04'15"60(S)
 スターアームズは序盤にしては良武器だし、砥石使用高速化まで付いてくる。使い慣れた武器ということもあって、乗りも狙いつつ頭をちくちくと。タイムが一気に縮んだのは自分の熟練度の違いだと思う。

闘技大会★2「イャンクック討伐」 ハンマー+ガンス 05'28"13(A)
 溜め2職人の朝は早い。ハンマーは豪快なイメージがあるけど、僅かな隙にかち上げを叩き込んでいくのは繊細な職人芸だよなあと。相手によってはハンマー担ぐのもありだと思う程度には楽しかった。スタンも2回取れて満足。

闘技大会★2「イャンクック討伐」 ガンス+大剣 04'26"10(S)
 通常ガンスなので突きと砲撃を織り交ぜてラッシュすることができる。それなりに怯みも取れていたから、結構良い武器なんじゃないかな。頭は譲って翼あたりを攻撃していた。
 
闘技大会★2「イャンクック討伐」 弓+大剣 05'16"36(A)
 4系列では闘技大会で一度だけ弓を使ったことがあるらしいけど、それだけ。探索で入念に操作をチェックしてからの挑戦。クックぐらいだったら何とか当てられるけど、これ普段から使うのは大変そう。実質スコープのないボウガンだもんなあ。弓操作タイプは旧来の1、今回は曲射を封印してひたすら頭を狙っていた。クック討伐はこれで終了。

闘技大会★2「ケチャワチャ討伐」 双剣+ライトボウガン 04'37"40(A)
 双剣は楽しいなあ! パートナーが遠距離だから転ばせる心配もなく、好き放題に暴れられた。

闘技大会★2「ケチャワチャ討伐」 操虫棍+ライトボウガン 04'08"93(A)
 双剣以上に火力を出せる武器ということで。相変わらず虫の速度が遅いけど、相手が相手なので赤白維持→消えそうになったら橙を取って三色にするのも簡単。ぶら下がり時もジャンプで攻められるし、操虫棍とケチャは相性抜群だわ。ぎりぎりSランクに届かなかったのが残念。

闘技大会★2「ケチャワチャ討伐」 ライト+ライト 07'41"60(A)
 このパートナーとは3戦目。ずっとライトで貼り続けてるから、タイム狙いなのかもしれないなーと思っていたんだけど。1乙からまさかの離脱で、あと1人で狩る羽目になった。どういうことなの……。そこからグダグダと2乙しながらやっと討伐。

闘技大会★2「ケチャワチャ討伐」 狩猟笛+スラアク 05'31"00(A)
 事前にランポスバルーンを生産して演奏練習するアイネさんが実にアイネさんらしい。白白の自己強化と白赤赤の攻撃強化で立ち回るけど、赤が演奏3だから溜めにくいのが難点。何とかスタン取れたけど、ケチャの腕が邪魔だし、ハンマーに比べて振りが遅いしで、意外と苦労した。でも演奏攻撃で転倒取ったり、追加演奏で水ブレスを避けたりするのは楽しいね。これでケチャワチャも終了。

闘技大会★3「重甲虫と微甲虫討伐」 太刀+太刀 09'29"06(A)
 ダブル太刀なので相手のことは考えずに攻撃できる。クックやケチャと違って、そろそろごり押しも通用しなくなってきた相手だけど、太刀はごり押しで赤ゲージにした方が早いんだよな。手数を増やせば麻痺チャンスもあるし。とにかく被弾率の高い闘技だった。

ブリザードカノンをブリザードタビュラ、ダイヤモンドフロストに強化。次の強化に絞蛇竜の厚皮が後2枚、身も凍るクチバシが1つ、鋼龍の剛翼が2つ必要。

HR176
112:23



14/11/05

闘技大会★3「重甲虫と微甲虫討伐」 ハンマー+チャアク 09'32"56
 アルセルタス狙いなんだけど、やっぱり各個撃破になっちゃうんだなあ。今回も被弾祭りだった。スタンもアルセルタスしか取れず。

闘技大会★3「重甲虫と微甲虫討伐」 ヘビィ+太刀 09'18"66
 睡眠弾じゃ寝ないし、毒なんてやめて最初から貫通を通せば良かったかも。怯みの感じからするとかなり火力は出せているみたい。しゃがみは毒だったから、昔ながらの素直にリロードして撃って避けてという立ち回りが要求される……それを台無しにするアルセルタスの不意打ちな。二手に分かれて襲われるから、ガンナー的には厳しい戦い。

闘技大会★3「重甲虫と微甲虫討伐」 ランス+太刀 09'58"03
 最初にアルセルタスに集中攻撃できて良い感じ。相手の攻撃も防げるし、乗りも狙えて楽しいんだが、合体時は当てどころが悪かったのか全然乗れず。ゲネル・セルタスだけになってから少し長引いたな。相性自体は悪くない武器だと思った。

闘技大会★3「重甲虫と微甲虫討伐」 チャアク+ハンマー 11'44"96
 斧から剣に戻す方法が分からないし、今どれだけの瓶を持っててどれだけ消費したのかも分からない。さらに剣モード時の移動速度の遅さも気になる。今作からは属性強化状態もあるらしいけど、とてもそこまで辿り着けそうにないぞ。挙句の果てには1乙し、散々な闘技大会になってしまった。

大老殿★1「絞蛇竜は踊り奏でる」 ウルクスグランディネ 06'49"76
 大剣、ガンス、ハンマー。ガララが逃げまわって追いかけ回る羽目に。厚皮とクチバシが手に入ったから、次はクシャルダオラか。HR177に。

大老殿★3「対鋼龍討伐作戦!」 ハイネスローズ 07'00"16
 毒操虫棍、麻痺双剣、無属性スラアク。武器を変えてこようかと悩んだけど、結局そのまま。しかし開幕の硬化笛→撃龍槍が空中で綺麗にヒットして落とせたし、その後すぐに怒りで黒竜巻をまとったけど麻痺双剣さんが止めてくれて、その隙に毒を盛ることができた。あとは閃光で落としつつ消化試合と。クシャは後ろ足狙いなら突進の判定に轢かれることもなくて楽。槍が良かったのか、短時間で討伐に成功。

ダイヤモンドフロストをダイヤモンドクレストに強化。ガノシュトローム装備を使い回したいので、反動軽減目当てのサイレンサー。

ギルドクエスト90「バサルモス亜種の狩猟」 ダイヤモンドクレスト 04'54"10
 操虫棍、片手、ライト。何とも微妙なパーティーだったし、自分の立ち回りも怪しかった。貫通速射は封印した方が良いんだろうな。単純に貫通2と3を撃っていけば良いと。氷結速射を使わないならリミッター解除するべきかも。

ギルドクエスト107「バサルモス亜種の狩猟」 ダイヤモンドクレスト 05'24"66
 笛、操虫棍、ヘビィ。こちらは良い感じ。粉塵も恐ろしく早いし。ダメージはそこまで苛烈じゃないけど、なかなかタフだった印象。狂竜化もあるとはいえ、ここまで体力が違うのかと戦々恐々。本当に最小金冠なのか怪しいところだけど最小だったらしい。

スラスヴェルデンを強化するための桃岩竜の翼が欲しいんだけど、上位バサル亜種の部屋が全くないという。ギルクエ100までなら報酬で手に入るらしいけれど……と思ったら上位バサル原種亜種のイベクエがあるじゃないか。これ完全に救済だ。明日やろっと。

HR177
114:49



14/11/06 新世界樹2の体験版やってたら狩りの時間がなくなってしまった。

ギルドクエスト93「バサルモス亜種の狩猟」 ダイヤモンドクレスト 05'40"16
 ガンス、片手、ハンマー。HR178。
ギルドクエスト96「バサルモス亜種の狩猟」 ダイヤモンドクレスト 06'04"50
ギルドクエスト99「バサルモス亜種の狩猟」 ダイヤモンドクレスト 06'51"90
 ヘビィ、太刀、ガンス。
素材というよりは、手持ちのギルクエを育てるのが目的。99の時はレア化していたね。これで4の頃は夢のまた夢だったギルクエLV100到達の勲章を手に入れた。G級勲章を見る限り、まだまだ上げないといけないっぽいけれど。

HR178
115:27



14/11/07

イベント★6「外伝:秘密指令~紫~」 グローツラング 07'02"06
 配信されたばかりのエピソードクエストを攻略していく。まずは闘技場ガルルガ。こいつは風圧に咆哮に足踏み転倒に、鬱陶しい要素が多すぎるんだよなー。ソロでもオンラインでも相手にしたくない。最大銀冠。

イベント★7「外伝:秘密指令~黒~」 祀導神器【封解】 11'39"70
 制限時間20分のアカム戦。さすがにアカムともなると火力が馬鹿にならなくて、怒り時は3発もらったら落とされるし、現に1乙したりもしたんだけど、問題はそこじゃない。

あのハンター1

あのハンター2

あのハンター3

いきなりベルクさんの話をされて泣くかと思った。これ良いなあ。シリーズ最新作4Gの世界線・時間軸に、ポッケ村のハンターさんの存在が許された気がして。こういうの弱いんだ。これだけでエピソードクエストの評価が急上昇。


大老殿★2「地底火山の生ける鎧」 流弩ガノシュトローム
 1戦目:06'17"83 片手、片手、チャアク。HR179。
 2戦目:05'16"53 ライト、操虫棍、ガンランス
 3戦目:05'15"23 ライト、操虫棍、ガンランス
 4戦目:05'29"40 ライト、操虫棍、チャアク
 5戦目:04'13"13 ライト、操虫棍、チャアク。HR180。
 6戦目:04'45"96 ライト、操虫棍、チャアク
1戦目の片手さんがTHEシャロックというマガラ武器を持ってた。そんな名前になるのか。5戦目でお目当ての天殻は剥ぎ取れたんだけど、2戦目からご一緒したライトさんとギルカ交換したくて、ついでに6戦目も。マスターソードをマスターソードGに強化したけど、雷神宝剣キリンあたりと比べると性能が劣るなあ……。

大老殿★1「ケチャワチャ亜種を狩猟して」 グローツラング 06'14"13
 チャアク、操虫棍、弓。
大老殿★1「ケチャワチャ亜種を狩猟して」 流弩ガノシュトローム 06'07"46
 ヘビィ、ライト、大剣。頑張って耳破壊して、火属性強化用のケチャZメイルを生産。ところが最近手に入れたお守りを頑シミュに入れ直したら、これ作る必要なかったみたい。まあいつか使うかもしれないので……。

イベント★7「外伝:秘密指令~白~」 マスターソードG 12'30"23
 1戦目はなかなか倒せず、残り時間の少なさから焦って2乙し、時間切れでクエスト失敗。最初の5分だけでいきなり「残り時間10分です」と煽られるのが結構怖い。2戦目は全力で手数を増やす。TAかと思うぐらい攻撃的に攻めた。武器は火属性強化+3マスターソードGだったけど、これで残り時間2:30だから結構厳しいな。それとも属性で攻める作戦が間違っていたのか。金銀がいないからゴールドラディウス強化できないのが痛い。

こちらではアカム戦みたいな台詞はなかったけど、クリア後にイモートがオトモとして加入、さらに鷹見のピアスを貰った。鷹見のピアスといえば、P2Gで村最終モンスターハンターをクリアした証みたいな装備で、ベルクさんが愛用していたもの。ここでこの装備をくれるのは嬉しい演出だなあ。

大老殿★2「高難度:眠れ宿痾よ目覚は遠く」 テオ=エンブレム 06'14"30
 ハンマー、片手、チャアク。HR181。ナバルのスラアクを強化したいので、素材交換の元になるこいつを。BGMも格好良いし、適度に手強くて楽しい相手。いつもライズorトゥルー担いでるけど、今回は爆破にしてみた。

HR181
119:24

RUN-DEEP

13/08/27

MH4も近いことだし、そろそろMH3Gも一区切りつけておきたい。P2Gでは太刀でG級10連戦P3では全武器最終形態コンプをしたけれど、今回は強個体の一角、ランディープに挑もうかと。
というのも、モガの村長をハンター引退に追い込んだ、村クエラストのラギア亜種が意外とあっさり。さらにHR制限で最後に戦うことになるラギア希少種も、思っていたほどの強敵ではなかった。3Gの〆として相応しいのは、孤島のラギアクルス強個体しかあるまい。きっと村長を引退に追い込んだのはこいつなんだよ。

〈アイテム〉
調合書1~4、回復薬グレート、強走薬グレート、鬼人薬グレート、硬化薬グレート、秘薬、生命の粉塵、タンジアチップス、護符爪4種、ペイントボール、閃光玉、こやし玉、捕獲用麻酔玉、落とし穴、シビレ罠、砥石、ケルビの角。

無印回復薬は間に合わないので置いていく。代わりにいにしえの秘薬を調合分。落とし穴は疲労時にダメージを稼ぐため。シビレ罠は捕獲用。こやしはあらかじめエリア移動させて捕食妨害。閃光は保険。

〈オトモ〉
怯みも期待できるし、やはりランプ大砲。オトリにしても良いけど、巻き込まれ喰らったら目も当てられない。踊りはW属性強化にするけど、あまり効率的じゃないかもな。

〈装備〉
■女/剣士■ --- 頑シミュMH3G ver.0.9.5 ---
防御力 [461→586]/空きスロ [0]/武器スロ[0]
頭装備:セレネZヘルム [3]
胴装備:日向・極【胸当て】 [3]
腕装備:ダマスクXアーム [1]
腰装備:ダマスクXコイル [2]
脚装備:ベリオXグリーヴ [2]
お守り:龍の護石(本気+5,雷耐性+13) [0]
装飾品:研磨珠【1】×3、制雷珠【1】、鉄壁珠【1】、鉄壁珠【2】×3
耐性値:火[-19] 水[11] 氷[14] 雷[-14] 龍[-11] 計[-19]

ガード性能+1
雷耐性【大】
斬れ味レベル+1
砥石使用高速化
-------------------------------
切れ味管理スキルを2つと、少しでも削りを抑えるためにガード性能+1。回避性能と迷ったんだけど、あちらは付けにくいのと、自分のPSでは素直にガードした方が安全と判断。雷耐性【大】は食事も合わせて耐性28を確保できる。まずはこれで挑んでみよう。


イベント★8「電撃・ランディープ」 其ノ刃ハ曙光ノ如シ
 胸破壊と疲労2回まで。こやしを使って巣で戦ったので、捕食は一度もなかった。敗因は回復薬が切れたこと……つまり被弾が多すぎるんだな。食事合わせて雷耐性28稼いでいるから、放電以外のダメージは通常レベル。ただ足を引っかけられるだけで軽く2割程度持ってかれて、相手が強個体だという現実に引き戻される。落とし穴は1度目の疲労時に使った。
 大体30分あたりで薬が切れたので、アイテムとスキルを見直すことに。集中力とも相談して火力を盛った方が良いと判断。やっぱり不屈は使おう。オトモは一度だけ属性踊りしてくれた。ブレスで即死する上に大砲使うから、踊りにはあまり期待しない方が良いのかも。


■女/剣士■ --- 頑シミュMH3G ver.0.9.5 ---
防御力 [425→576]/空きスロ [0]/武器スロ[0]
頭装備:セレネZヘルム [3]
胴装備:武装戦線ジャケット [0]
腕装備:ダマスクXアーム [1]
腰装備:ダマスクXコイル [2]
脚装備:バンギスXグリーヴ [2]
お守り:龍の護石(本気+5,雷耐性+13) [0]
装飾品:研磨珠【1】×3、観察珠【1】×5
耐性値:火[-4] 水[10] 氷[10] 雷[-12] 龍[-11] 計[-7]

雷耐性【小】
斬れ味レベル+1
砥石使用高速化
捕獲の見極め
不屈
-------------------------------
あまり恩恵を感じなかった(気がする)ガード性能を切って、雷耐性も過剰だと思ったので【小】に落とす。代わりに火力と防御を上げるために不屈と、精神的な支えに捕獲の見極め。バンギスXグリーヴの素材が軽くて良かった。アイテムは粉塵と秘薬を切って回復薬とハチミツを持ちこむ。軽いダメージはグレートで乗り切ろう。



13/08/28

イベント★8「電撃・ランディープ」 其ノ刃ハ曙光ノ如シ 31:34
 二戦目。まずは開幕こやしで移動させつつ二乙して不屈発動。硬化薬グレートも飲んで驚きの防御808。10分半の時点で胸破壊。14分で前爪破壊から1回目の転倒。2度目の疲労に落とし穴を仕掛けるけど踏んでくれず、怒り状態で嵌まることに。24分で2度目の転倒。30分針あたりで見極めが発動したので、巣に戻ったところをシビレ罠にかけて捕獲。ハンターランク108に。
 咄嗟のガードと大放電の時のジャンプ斬り回避での離脱が出来るから、片手剣との相性は良い相手。それ込みでも不屈すごい。雷耐性と合わせてダメージを劇的に減らしてくれるから、立ち回りがかなり楽に。火力も飛躍的に上昇している気がする。こんなに怯んだっけ?と思えたほど。45分針の死闘を覚悟していたので、意外なほどに早く片付いて驚いた。使用アイテムは回復薬グレート17、いにしえ5、強走薬グレート2、タンジアチップス2、こやし玉4、砥石11。つまり薬にはグレート3つ、いにしえ5つの余裕があった。
 配信当時は屈指の難クエとして名を轟かせたランディープも、不屈の前にはちょっと厄介なG級クエストでしかなかったか。雷耐性も【小】だとブレス直撃時に雷やられ状態になるけど、即死しなければ安いもの。それより別のスキルを積んだ方が良い感じ。不屈は簡単に付けられて火力と防御を両立できる神スキル。

ランディープというクエストに関しては、HR84、プレイ時間439:38の頃から意識していて、装備も組んでいた(今回組み直したけど)。本格的に討伐する気になったのは、昨日MH4のOPが公開されてから。……正直、四連敗ぐらいして五戦目あたりで45分針の死闘を制する感じになるかと思っていたので、拍子抜けしている節はある。進化したのはハンターか、プレイヤーか。


MH3Gはここで一区切りということにする。まだトンカチや金冠を始めとする勲章、G級アルバ含む一部のイベントクエストが残っているけれど、それを言い出したらキリがないので。

今作はP2GやP3と違ってソロメインだったから、ある意味でじっくりとプレイヤースキルを磨くことができた。初見で無理ゲーだと感じたG級の水中戦、オウガ亜種、ミラオス、ジエン亜種、G★3の同時討伐等、様々な壁に対して専用装備を組んで突破していくのは痛快だった。とにかく強敵が多かったけれど、最終的には強個体の一角まで崩せたので大満足。匠5属性解放7も今となっては良い思い出。

P3後半で使い始めた片手剣がメイン武器として馴染んだのも、この3Gのおかげ。4でも引き続き片手剣を使うけど、次は色々な武器に手を伸ばしたい。片手剣を使いこなせるようになった分、昔は使っていた太刀やスラアクは下手になったし、狩猟笛や弓に関しては使い方さえ怪しい。幸い上位までだし、G級ほどシビアにはならないはず。今度こそオールラウンダーを目指したいね。


HR 108
勲章 34/44
友好度 52
すれちがい回数 999
プレイ時間 519:53

その忌むべき名を呼べ

世界樹の迷宮Ⅲ裏ボスの記録。
このデータは過去記事の物とは一切関係なく、また新たに作ったデータでのお話。これだけ何度もやり直しているにも関わらず、Ⅲの裏ボスとは未だに戦ったことがなかったので、そういう意味でも大変に楽しむことができた。


○戦闘準備と試行錯誤

何度も触手処理したくなかったので、あらかじめ他のモンスター・ドロップは全て埋めておいた。エルダー倒すために99引退までしたけど、ここで大いに時間を使った。この時のパーティーがウォリ/ゾディ、パイ/ウォリ、プリ/シノ、ビー/ファラ、ゾディ/ファラ。
火力はフリーズンブロー、ミリオンスラスト、ブリッツリッターの三つを用意。さらにウルフハウル、イーグルアイ、ドラミングのデバフ三種も完備。しかし何度か戦ってみて、二列にバフを積むと話がややこしくなる&ゾディのSTRだと前衛ほどの火力も出ないことを思い知り、ゾディ/プリに変更。攻撃面は圧縮リミットを使うことに。

攻撃態勢時の猛攻の内、属性攻撃は三色ガードで完封できる。問題はデモンレイジング、ライジングクロー、カオステンタクルの三種。それぞれランダム壊+強化打ち消し、全体斬+スタン、単体突(超ダメージ)という性能。
当初はプリンスが分身し、デモンレイジングを招鳥→猿飛、ライジングクローをウロボロスの盾、カオステンタクルをクイックオーダー→オーバーガードで防ぐつもりだった。ただ招鳥10でも完璧に集めきれず、一発でも火力担当に流れたら強化プランが台無しに。
そこでリミットはデモンレイジングに使うことにした。同時期にゾディのサブをプリに変更していたので、補助の手数は足りると判断し分身を止めることに。六枠目が空いたので、カオステンタクルには陽炎でシンプルに対処。ライジングクローは防御号令を敷いて、全員防御で真っ向から耐えることに。防御面では99引退が効いているのか、予想よりも余裕を持って耐えてくれているので、たぶん大丈夫だと判断。

ちなみに相手の行動パターンは以下の通り。

01TURN:マグマオーシャン ※第一形態
02TURN:身構える・黄
03TURN:身構える・青
04TURN:混沌への誘い(全体壊+HP吸収)
05TURN:身構える・白
06TURN:深淵への供物(弱体解除+11457回復)
07TURN:ターン最後に攻撃体勢移行
    デモンレイジング(ランダム+強化解除)
08TURN:ライジングクロー(全体斬+スタン)
09TURN:カオステンタクル(単体強・一番HPが低い相手を狙う)
10TURN:原始の灼熱(全体炎+攻撃ダウン)
11TURN:穢れし氷河(全体氷+?)
12TURN:闇に吠える稲光(全体雷+?)
13TURN:ターン最後に防御体勢移行
    深淵への供物(弱体解除+11457回復)

ある程度のダメージを与えると、防御体勢に移行して回復されてしまう。総攻撃を仕掛けるのは10~12ターン目に予定し、バフの準備はそこから逆算。デバフも7ターン目以降に積む。



○最終的なパーティー

ホップ(ウォリアー/ゾディアック)
メイン火力。狂戦士の誓い、ウルフハウル、特異点定理、エーテル圧縮を乗せてフリーズンブローを撃つ。

シリット(パイレーツ/ウォリアー)
メイン火力。動きはホップとほぼ同じ。狂戦士の誓い、イーグルアイ、チャージからのミリオンスラスト。

ラスター(プリンス/シノビ)
攻撃の号令で補助担当。物理三種の処理も担当させたから、一番忙しかったかも。

ガルダン(ビーストキング/ファランクス)
下手なダメージを与えたくないので獣は使わず。主な仕事はドラミングと三色ガード。

ユーノ(ゾディアック/プリンセス)
火力兼補助。総攻撃に圧縮業火を重ねる。サブプリは補助の手数を増やすため。

隊列は前2後3にした。今回プリンスを前に出す必要性がなかったし、本編でこの隊列だったからという理由。結果的にはクイックオーダーバグを回避できて良かった。



○対戦記録~笛鼠ノ月17日
五戦程度して情報を集め、ユーノのサブや物理三種への対応を変更してからの挑戦。この時点で分かっていないのは、具体的にどの程度のダメージでパターンが崩れるのか、こちらの攻撃がどの程度のダメージを与えるのか。まだ勝算はなく、この勝負も情報を集める予定だった。
括弧内は現在かかっているバフデバフと、それが継続する残りターン。


01TURN
禍神:マグマオーシャン
ホップ :ウルフハウル
シリット:イーグルアイ
ラスター:後列に攻撃号令
ガルダン:ファイアガード
ユーノ :メテオ
※三発ヒットして撃破。第二形態へ。

02TURN
禍神:身構える・黄
ホップ :防御
シリット:防御
ラスター:前列に防御号令
ガルダン:防御
ユーノ :防御

03TURN
禍神:身構える・青
ホップ :防御(防御号令3)
シリット:防御(防御号令3)
ラスター:後列に防御号令
ガルダン:防御
ユーノ :防御

04TURN
禍神:混沌への誘い
ホップ :防御(防御号令2)
シリット:防御(防御号令2)
ラスター:防御(防御号令3)
ガルダン:防御(防御号令3)
ユーノ :防御(防御号令3)

05TURN
禍神:身構える・白
ホップ :狂戦士の誓い(防御号令1)
シリット:狂戦士の誓い(防御号令1)
ラスター:前列に防御号令(防御号令2)
ガルダン:防御(防御号令2)
ユーノ :防御(防御号令2)

06TURN
禍神:深淵への供物
ホップ :狂戦士の誓い(防御号令4、狂戦士3)
シリット:狂戦士の誓い(防御号令4、狂戦士3)
ラスター:後列に防御号令(防御号令1)
ガルダン:ホップにブレイバント(防御号令1)
ユーノ :シリットにブレイバント(防御号令1)

07TURN
禍神:ターン最後に攻撃体勢移行→デモンレイジング
ホップ :自分にメディカⅣ(狂戦士6、ブレイバント3、防御号令3)
シリット:自分にメディカⅣ(狂戦士6、ブレイバント3、防御号令3)
ラスター:イージスの護り→ホップにプレイバント(防御号令4)
ガルダン:ドラミング(防御号令4)
     ※体勢移行でリセットされるらしいので無駄行動だったみたい。
ユーノ :シリットにプレイバント(防御号令4)

08TURN
禍神:ライジングクロー
ホップ :防御(狂戦士5、ブレイバント6、防御号令2)
シリット:防御(狂戦士5、ブレイバント6、防御号令2)
ラスター:防御(防御号令3)
ガルダン:防御(防御号令3)
ユーノ :防御(防御号令3)

09TURN
禍神:カオステンタクル
ホップ :ウルフハウル(狂戦士4、ブレイバント5、防御号令1)
シリット:イーグルアイ(狂戦士4、ブレイバント5、防御号令1)
ラスター:陽炎(防御号令2)
ガルダン:ドラミング(防御号令2)
ユーノ :ラスターにクイックオーダー(防御号令2)

10TURN
禍神:原始の灼熱(ドラミング3、ウルフハウル4、イーグルアイ3)
ホップ :フリーズンブロー(狂戦士3、ブレイバント4)
シリット:ハンギング(狂戦士3、ブレイバント4)
ラスター:前列に攻撃号令
ガルダン:ファイアガード
ユーノ :エーテル圧縮
※与ダメは8866+1519=10385。攻撃号令は速さの関係でホップにしか乗らなかった。

11TURN
禍神:穢れし氷河(ドラミング2、ウルフハウル3、イーグルアイ2)
ホップ :エーテル圧縮(狂戦士2、ブレイバント3、攻撃号令3)
シリット:チャージ(狂戦士2、ブレイバント3、攻撃号令3)
ラスター:前列にマドラⅡ
ガルダン:フリーズガード
ユーノ :雷の星術
※雷の星術は10振り。与ダメは2878で、合計13263。

12TURN:闇に吠える稲光(ドラミング1、ウルフハウル2、イーグルアイ1)
ホップ :フリーズンブロー(狂戦士1、ブレイバント2、攻撃号令2)
シリット:ミリオンスラスト(狂戦士1、ブレイバント2、攻撃号令2)
ラスター:後列にマドラⅡ
ガルダン:ショックガード
ユーノ :業火→エーテル圧縮
※ミリオンスラストが8856×1、フリーズンブローが26613、圧縮業火が約2060×5。総攻撃の合計値は45769で、現在削ったHPは59032。ミリスラが一発ヒットだったのが痛く、赤ゲージぎりぎりで倒しきれず。

13TURN:ターン最後に防御体勢移行→供物(ウルフハウル1)
ホップ :フリーズンブロー(ブレイバント1、攻撃号令1)
シリット:ミリオンスラスト(ブレイバント1、攻撃号令1)
ラスター:ホップにクイックオーダー
ガルダン:シリットにディバイドガード
ユーノ :シリットにクイックオーダー
※ユーノ→シリットと動き、ミリオンスラストで与ダメ1021。これで撃破。

2013y06m10d_162316329.jpg

正直、12ターン目のミリオンスラストが一発しか発動しなかった時点で、全然足りないと思っていた。相手のHPが60000だったとは知らなかったし。幸い業火がフルヒットしてくれて、瀕死にまで追い込めて本当に良かった。
答え合わせにWikiを確認すると、14401以上削った時点でパターンが崩れるらしい。今回、事前に与えたダメージは13263。これまた奇跡的に上手く削れていたみたい。
ミリオンスラストが微妙な結果っぽく見えるけど、もし三発ヒットしてたら常在戦場と特異点定理の乗ったフリーズンブローと同等の火力だし、そう考えると悪くはないのか。防御面は盤石だったと思う。前衛は必中ゴーグル装備だったけど、ライジングクローも半分程度削られるだけで済んだ。

これで図鑑のモンスター、アイテムは全て埋まり、勲章も1つを残して集まった。最初から最後まで、この五人で倒せたのは本当に嬉しい。これでエンディング2が見られるのかと思ったけど……やっぱり駄目みたいだな。まだダイマオウイカが残っているのが原因だと思う。一応、最初の深都ルートの時から海には出ているはずなんだがな。
エルダードラゴン、キリカゼさん、禍神と厄介なラスボスが多いゲームだけど、真のラスボスがダイマオウイカだとは、夢にも思わなかったで御座る。あと少しだけ、この五人と一緒にいられそうだ。