メギド72の討伐が面白い。本編も結構考えないと勝てないゲームバランスだが、討伐の方はパズルボスと化していて、しっかりと対策を立てる必要がある。
この試行錯誤する感触は、世界樹のクリア後ボスだとか、MHで特定のモンスターに対してスキルを組む時のそれに近い。
もしかしたら自分がゲームに求めているものはこれだったのかと考えたが、本当にパズルボスが好きかと言えば、案外そうでないかもと気づいた。


ゲームで最も重要な要素は何だろうか。
キャラメイクの有無に執着したこともあれば、演出が全てと言いきったこともある。

しかし今なら、全体的な完成度の高さ、総合力だと答える。
好みに合ったシナリオや世界観やキャラクター、分かりやすく深みのあるシステム、印象に残るグラフィックやサウンド、ゲームならではの演出、理不尽でない難易度、快適なUIなどなど。
色々な要素が絡み合って、自分の琴線に触れたゲームに、愛着が湧く。真摯に向き合い、時間をかけてやりこみ始める。

MHなどは最たるもので、楽しいけれど何に惹かれているのか分からないゲームだった。
しかし考えてみれば、膨大な武器防具にグラフィックが用意されているとか、一貫した世界観やテキストのレベルの高さだとか、弱点に攻撃を当てた時のずしりとしたヒットストップとか、さらには水辺に足を踏み入れた時の足音の変化とか。
細やかな部分まで丁寧に作られたゲームであり、それが愛着を生む。

逆にインディーズゲームは、評判のものをいくつか買ったが、ほとんど投げ出してしまった。光る部分があっても粗削りなところが気になったか、そもそも海外向けのデザインが合わないのか。ともかく僕が求めるものはそこにはなかったのだろう。
リメイクや完全版も最後まで遊ばないことが多い。一度目の時に熱中していても駄目なので、新鮮味は自分の中で大事な要素らしい。

愛着が湧かないと、主体的に遊ぶモチベーションが上がらないので、上辺だけなぞってクリアということになる。こういう遊び方は、もう良いかなと思えてきた。
忙しさや心の余裕といった自分の状況も関係してくるが、どうせ遊ぶなら本腰入れて熱中したいので、愛着の湧くゲームと出会いたいもの。

メギド72を遊んでいる。既にチェンクロとFEHだけで手一杯なため、もう他のソシャゲが定着することはないと思っていたが、分からないもので。
メギドはソシャゲというよりも、歯ごたえのあるCSのRPGを遊んでいるような感覚がある。遊び始めた当初は、新しいゲームを買って帰ってきた時にも似た高揚感があった。

一言で表すなら、バトルが楽しいRPG。誰を組み込むか、誰をリーダーにするかで戦略も大きく変わってくる。
ゲームシステムは複雑で底が深いが、公式のポータルサイトが充実しているのと、昔ながらの攻略wikiが立てられていることもあり、比較的入り込みやすい。

育成のための素材集めが必要になる箇所は多いが、全員生存で一度クリアした後は、攻略チケットなるアイテムを消費することで、一瞬でクエストをクリアできる。
これが平日は便利。1分足らずで満タンのスタミナを消費しつつ、素材と経験値を手に入れることができる。リターンが大きいので全員生存クリアを頑張る気にもなるし、良いシステムだと思う。
比べるのも何だが、一度このスピード感を経験してしまうと、チェンクロのレイドを走るのが恐ろしく面倒に感じてしまった。
あとはシナリオやテキストの質が高い。主人公含めキャラに嫌味がなく、話の理解も早く、それぞれの価値観がはっきりしている。
ゲームシナリオをストレスなく読めるのって結構新鮮かもしれない。当たり前が嬉しい。

ガチャはキャラ排出率5%。キャラにレアリティの差はなく、育成して星を上げていく。
チュートリアルガチャは何度でも引き直せるので、序盤から手詰まりになることはない。メインシナリオで加入する仲間も優秀だし。
月末は排出率が10%に上がるガチャが置かれたり、4回まで引けるキャラ確定ガチャの存在もあるので、遊んでいて厳しさは感じない。

ざっとこんな感じだろうか。
今はカウンタースタイルで組んで、ガープ(シナリオ加入)で庇いつつ、マルコシアス(シナリオ加入)の奥義で吹っ飛ばす戦法を取りながら進んでいる。
始めたばかりで攻略が厳しかったイベントも、何とかキャラを貰えるところまではクリアできて安心した。
イベントでは攻略チケットが使えないため、そちらの稼ぎはあまり進んでいないが、ぼちぼち遊んでいこうと思う。

MHXXのプレイ時間が三桁になった。
最近のゲームで100時間突破したのは、ゼルダBotWとスプラトゥーン2ぐらい。
しかし購入一ヶ月でここまで熱中したのは久しぶりで、改めてMHの中毒性を実感している。

何をどうやるかを自分で決められるゲームだから、それこそ冷めるまでずっと遊べる。
集会所ラスボスの防具がまたシミュを回したくなる作りで、この土日だけでもエリアル大剣やら対ジンオウガやら、色々なスキルを組んでしまった。さすがXの完全版だけあって遊びやすい。
当時最高傑作と感じたXにあまり熱中できなかったのも、今となっては不思議。3G→4→4Gと3DS系が続いていて見た目の変わりなさに飽きていたのかもしれない。


今はG★3~4あたりで狩ることが多いが、野良の状況についても書いておく。
3DS版発売が2017年の3月で、Switch版発売も同年8月なので、もう盛況とはいえない。

ただG級キークエを攻略したいハンターは一定数いたので、そこは困らなかった。一方でキークエや緊急、人気モンスターと比べると、マイナーな素材が欲しい時に人が集まらず苦労する。
行きたいモンスター名で検索かけても出ないことが多いので、基本は部屋主のHRやクエストの種類で大雑把に検索し、見かけ次第入るという方法を取っている。どうしてもという時は自分で立てるが、来ない時は本当に誰も来ない。

ハンターの質は……まず装飾品を使っているハンターが半数しかいないという。穴開きネセトを着るジョークが流行っているのかと疑うぐらい、そちらの数も多い。
中の人のマナーは4時代よりは良くなった印象。攻撃でかち上げたり吹っ飛ばしたりしたら謝ってくれる人も多い(巻き込みをやめるとは言っていない)。
人が少ないから酷いのに当たりにくくなったとか、4時代より難易度が控えめでこちらに余裕があるとか、そういう話かもしれないが。

防具合成をしている人は大体分かっている人なので安心感がある。分かっている人はスキルも食事もしっかりモンスターをメタっていくので、二極化している印象。
ガンナーは大体信頼できるが、獰猛化は常に事故死の危険性が付きまとうので、どんなメンバーでも報酬金保険は必須。そもそも獰猛化は自分が死ぬ。

出会う武器種は大剣が頭一つ抜けていて、太刀と双剣が続く。それから片手スラアクチャアク操虫棍ライト弓が同じぐらい。ヘビィはさすがに少なめ。
ランスと狩猟笛は2回、ハンマーは1回見たが、いずれも達人だった。このあたりは明らかに少ないので、いざ見かけると感動する。ガンランスのみ会ったことがないが、マルチだと使いにくいので仕方がない。
ジャスト回避に頼る人が多いので、多段攻撃持ちが相手だと全体の消耗が激しい。ブレイヴスタイルは結構見る。エフェクトが目立つから多いように錯覚しているかもしれない。


今後は残ったG級クエストを消化していく流れ。村上位が大量に残っているので、これを消化するかは迷っている。
メイン武器の片手剣は属性が揃いつつあるし、大剣スラアク操虫棍も担げるものがあるので、次は双剣かな。特に火は使い道が多そう。ガンナー用のネセト一式も作って、対応力を上げていきたい。

連休明けに雨が重なり、ぱっとしない二週目が始まった。

この連休はMHXX尽くし。ソロで色々準備をしては、ラビーさんと狩りに出かけて、というP2G時代のような遊び方をしている。
MHは4系列あたりで、もうP2G・P3・3Gのように熱中できないのかなと寂しく思っていたが、相変わらず時間を忘れて遊び倒している。
HD化で没入感が増し、撮影投稿機能で気軽に記録とシェアができるようになり、そこにMH特有の自由度の高さが合わさって熱中している。

今は村★9とG★2という段階。今さら村上位クエストは作業に近いが、村を進めて開放されるものも色々とあるし、今作には村G級というものもあるらしい。
集会所G級で実際どこまで行けるのかという不安もあるし、取れる手段は全て取れるようにしておきたいところ。
とはいえゲーム自体はすこぶる快適。G級序盤におあつらえ向きのエルダー武器があり、基本素材を平気で3枠4枠と持ち帰るモンニャン隊があり、さらにイベントクエストも全て配信済みなので、サブタゲ等の裏技的な利用も可能。

ちなみに今はニャンターとオトモアイルー育成に興味が向いている。優秀なオトモを用意しようとして、いつの間にかニャンター主体になってしまった形。
逆裁コラボでネコ記憶の秘伝書を集め、理想のサポート行動やスキルが揃いつつあるが、そもそも武具が弱い。快適なニャンター生活のためにも、G★2を攻略していかなければ。

よくラビーさんとサーモンランで遊ぶのだが、これ以外にもネット協力プレイができるゲームがあったら良いねという話になった。
というのも、サーモンランは常時開催しているわけではなく、せっかく時間があったのに遊べないという時があった。

そこで候補に挙がったのが、ラビーさんが既に持っていたSwitch版MHXX。
元々2015年末に発売したMHXは楽しく遊んでいたが、P2G~3G時代ほどやり込まず、2016年4月には投げていた。
その後のMHXXはG級をがっつり遊ぶ気になれずに流し、Switch版は興味はあったもののスルーしていた。

しかし先日から創作の関係で狩猟熱が高まっており、テレビにポッケ村を映せるだけでも良いかなと迷っていたところ。
すぐにDL版を購入し、3DS版のMHXからデータ移行を済ませ、二年ぶりに狩猟生活を始めている。

MHXXポッケ村  

とにもかくにも3DS→Switchのグラフィック強化で、一気に引き込まれてしまった。
元が3DSなので美麗とまでは言えないものの、今まで潰れて見えなかった部分が見えるようになったのは嬉しい。雪山エリア1の湖や、氷海エリア2の空が映る地面には感動した。

改めて思ったが、MHの楽しさは自由度にあり。
とにかくやることが多く、自分ができることの幅も広い。何の武器・スタイル・狩技で、どのクエストをどんな風に進めるか。
この計画を立てる段階が好きで好きで。かつてMHシリーズに嵌まったのも、根本的にはこの自由度が刺さっていたからかもしれない。

そしてこれはあまり意識していなかったが、スクショ・動画撮影機能と相性が良い!
一度の狩りの中にいくつもハイライトがあって、これまではその場限りだったシーンをボタン一つで保存できて、Twitterなんかに上げられるようになった。
元々MHはプレイ日記を書きやすいタイプのゲームなので、相性が良いのは当然。これは個人的に大革命。やけにテンションが上がっているのは、この機能のおかげだと思う。


購入前まではG級をやり込むつもりはなかったが、自分でも意外なほどにモチベーションが上がっており、どこまでやってやろうかと考えているところ。
とはいえ二年のブランクで、プレイヤースキルはすっかり落ちてしまっている。まずはリハビリがてら、MHXXで追加された村上位を進めていく。