自分のことが好きか嫌いかと聞かれたら大好きと答える。
自己否定を口にする時もどこか酔っている節があるので、そういうところは直したい(と冷静に見ている自分も好きだから始末に負えない)。

真面目な話、私は自分の主観・価値観を通して世界に存在しているのだから、私が自分を肯定しないと何も始まらない。
人が常に自分の味方になってくれる保証はないし、人は誰も代わりになってくれない。

この自己肯定感がいつ頃から芽生えたのかが気になったので、記憶を思い起こしてみる。


記憶を辿れるのは幼稚園時代まで。
とても内向的な子供だったので、幼稚園に行きたくなくて毎朝泣いていた。別に先生が嫌いなわけではなかったはずだが、幼稚園に行かなければならないことがストレスだった。
単純に家から出たくなかっただけかもしれない。そんな園児の頃から引きこもり体質だったなんて。

そして幼稚園のかけっこではいつもドベ(最下位)だった。
この原因は今でもよく分かっていないが、人に譲る気持ちが強すぎたというか、自分が勝つという概念を持っていなかったように思う。
小学一年生の運動会では、親に言われたのだったか、思いっきり走ってみた。すると結果は6人中の3位で、何だこんなものかと拍子抜けした覚えがある。
細かく覚えている通り、この結果は自分にとっては破格の出来事で。やればできるんじゃないか、と大いに自信を付けることになった。走ることに苦手意識がないのは、この体験が大きいのかも。

自分の個性や強みが分かってきたのは、小学生の後半。
小学高学年の頃に、ピアノでちょっと良い結果を連続で出したことがあった。小さな小さなコンクールだったが、表彰台の一番高いところに立てた。
吹奏楽を始めたのもこの時期。クラスの男子とは違う強みを持っているのだ、と変な自信を付けていた。

今の性質が完成したのは中学時代で間違いない。
家族や近所やクラスとは全く別の、部活動という新しいカテゴリにおいて、初めて会う一つ二つ上の先輩たちに歓迎され受け入れられたのは、計り知れないほど大きな出来事だった。もちろん煩わしいことも多かったが、初めて「趣味を同じくする人間関係の楽しさ」を味わった。
勉強の方も絶好調だったので、十代特有の万能感も相まって、人生で最も自信に満ちていた時期。

その後はわりとろくでもない展開が続いて、自分の弱みを嫌というほど思い知った。
しかし中学時代に培った自己肯定感をベースに、騙しだまし進んで現在に至る。

もしあの時期がなかったら、今の自分はまた違う形をしていたかもしれない。
自分のことを好きにならなければ、記録を付けることも、こうして後から振り返ることもしなかったはずなので。

人生のモチベーションが落ちている。
単に連休明けでナーバスになっているだけだと思いたいが、どうも落ち込み具合が大きい。

自分にもささやかながら、人生の小目標、中目標、大目標というものがあった。
小目標や中目標は、短い周期では暮らしの助けになるが、結局は気休めでしかない。
大目標という指針があるからこそ、腰を据えて日々を送ることができる。

青写真が破れかかっている今は、人生の意味を見失いかけている状態にある。
今日を、今週を、今月を、今年を無事に終えたところで、その先に何があるのか。
自分一人で完結しない目標を、人生の軸に置いたのが間違っていたのかもしれない。

一番悪いのは、自分の方向性が定まっていないことにある。
青写真を修復しなければならないのは確かだが、どう舵を取っても行き詰まる。
下手すれば破れてしまうだけのリスクを負って、目指す方向は正しいのか、本当に自分が望んでいるのかも分からない。
自分を押し殺すのが最も楽で手っ取り早いが、それでは何のためにという話になる。

今後を考えるだけで嫌気が差してくるが、時間にも限りがある。
とにかく自分の望み、方向性、妥協点を固める必要があるが、憂鬱でならない。
自分の望みが分からないまま歩むキャラクターも面白そうだ、と創作に逃げたくなる。

大坂の夜公演(2017/06/18)に行ってきた。
とても良かった! の一言で済ませるのも勿体ないので感想を書く。曲目ネタバレ有。

まず会場に着いて驚いたのは人の多さ。物販が朝から開いていたとか、追加公演が昼に入っていたとか、話には聞いて覚悟していたが……。MHの狩猟音楽祭と比べても段違い。
客層は男女比半々で20~30代多め。カービィで育ったファンが集っている印象を受けた。グッズを付けてる方もたくさん。
開場後のステージでは「みんなで!カービィハンターズZ」や夏配信の「カービィのすいこみ大作戦」を宣伝していた。

17時にいよいよ開演。

1.星のカービィ25周年 グランドオープニング
イントロ時点でオリジナルを書き下ろしたのかと思ったら、初代タイトル~グリーングリーンズのメドレーだった。荘厳なアレンジで気づくのが遅れた。

2.星のカービィ 夢の泉の物語メドレー
グレープガーデン~オレンジオーシャン。カービィといえば夢の泉で、聴いてて泣きそうになる曲ばかり。背景のゲーム映像もまた美しい。コピールーレットからハンマー引いてスイッチ起動する場面があって嬉しかった。全編通して映像のチョイスも素晴らしかった。夢の泉を遊び直したくなる。

3.デデデ大王&メタナイト・タッグメドレー
大王様のテーマは初代から始まり、追加のサビ部分でUSDXのマスクドデデデ戦に移行するのが熱かった。メタナイトは「逆襲」の戦艦ハルバード甲板~艦内を、メタナイツの会話映像見せられながら演奏されて、泣くしかない。スーパーデラックスを遊び直そう。

4.星のカービィ2 なかまメドレー
リック・カイン・クーのテーマ。箸休め的な可愛らしいアレンジだった。カービィ原体験が2(とブロックボール)だから音も映像も懐かしくて仕方ない。今見るとリックの可愛さが際立っている。

5.星のカービィ3&64メドレー
司会のアナウンスを受けて隣のお客さんが「64!」とざわついていて、ファンそれぞれに思い出の一作があるんだと感慨深くなった。
3は砂漠ステージの曲が泣かせにかかってくる。64は懐かしい1-1の曲に続いて、まさかのゼロツー戦。戦闘曲の生演奏は迫力がある。カービィは結構オケ向きの曲が多い。

6.星のカービィ スーパーデラックスメドレー
前半のラストに持ってくるあたり分かっている。タイトル→グルメレース→水晶の畑エリア→戦艦マップ→マルク戦のメドレー。0% 0% 0%の映像で会場がどよめく一体感よ。
個人的にシリーズで一番好きな水晶の畑エリア(洞窟大作戦のグリーングリーンズアレンジ)で感極まったし、今こうして書いている時点でも思い出し泣きしている。広大な地下空間を思わせるAメロ、神々しさをまとって展開するBメロ、これでもかと盛り上がるサビからカービィ凱旋への展開。子供の頃から大好きな曲を、オーケストラの生演奏で聴く日が来るとは思わなかったし、本当に贅沢な体験だった……。

7.カービィのエアライドメドレー
後半の一曲目。プランテス~マグヒート~伝説のエアライドマシン。未プレイでレース画面を見るのも初めてだったけど、今でも通じそうに思えた。このメドレーは作曲者の酒井さん自ら指揮棒を振ったのが粋。

8.星のカービィ 鏡の大迷宮&参上!ドロッチェ団メドレー
GBAの二作品から。マイナーどころだが、鏡の森ステージは冒険感があって良い。ドロッチェのテーマはかっこいいと分かっていたけど、やっぱりかっこよかった。ネズミの鳴き声の再現がまた絶妙。あれどうやって音を出していたんだろう。

9.ボールになったカービィメドレー
ボールになったゲームがたくさんありすぎて。ピンボール~カービィボウル~タッチ!カービィ→タッチ!カービィスーパーレインボー。唯一遊んだことがあるタッチからは、ドロシア戦が選曲された。第一段階の曲は綺麗で好き。あのゲームは本編も真っ青の難しさだった。
今回のオーケストレーションは酒井さんが担当しているが、レインボーの一曲「天かける虹」だけは作曲の大原さん(入社三年目!)が自ら担当しているそうで。おまけに初めて作った曲というエピソードまで聞いていたから、知らない曲なのに馴染み深く聴けた。

10.星のカービィ トリプルデラックスメドレー
個人的に最高傑作のTDXから。浮遊大陸の花畑~月影の帝都セクトラトア~あやつりの魔術師タランザ~狂花水月。見ての通り信じられないほど豪華なメドレー。名曲が多い中でセクトラトアを選曲してくださってありがとうございますとしか言えない。セクトラトアとタランザで盛り上げてからの狂花水月イントロで、会場全体の背筋が伸びたように感じた。後半三曲がどれも大好きな曲だったから、特に満足度の高いメドレーだった。

11.星のカービィ ロボボプラネットメドレー/銀河に名立たるハルトマン
ロボボのテーマは熱い。VSスタードリームは大盤振る舞いだった。ハルバードの旋律が流れるところで、映像も隕石が降ってくるところが分かっている。ゲーム中でもちょうどあのあたりになるんだよなあ。
ハルトマンのテーマがないと思ったら、大本さんのセクトニアとスージーの小芝居から歌付きで演奏。ここは少しオケの音量が大きかったかな。

12.星のカービィWiiメドレー
TDXでも使われたスカイタワーが、映像の夕焼けとぴったり合っていて美しい。Wiiは遊んでいる最中なのだけど、ここまでの流れを考えるとネタバレされるよなーと思ってたら案の定で笑った。だいたい知ってたけど! ラスボス戦は屈指の名曲。ゲーム中で戦うのが楽しみ。

アンコール.ぎんがにねがいを:スタッフロール
最後はSDXのエンディングテーマでお別れ。サイリウムはここで使ったが、自分の色はピンクだった。カービィ色で嬉しい。ちなみに昼公演は初代エンディングだったらしい。

曲の合間合間には、桜井さんと熊崎さんが肩を組んだり、シリーズ作曲家陣のお話があったり、カービィちゃんが登場したり、父の日だからと桜井さんといちゃついたり、桜井さんのプレゼンがあったり、ふくらさんが可愛かったり、ふくらさんが天使だったり。
桜井さんは東京公演にしか登場しないと勘違いしていたから、嬉しい誤算だった。プレゼン内容は以前ファミ通で読んでいたが、本人の語りで聞くと当時の苦労が偲ばれる。それにしても桜井さんは場慣れしていてさすがだった。


カービィは長らくゲーム以外のコンテンツが控えめだったけど、最近はカフェにオーケストラにグッズ展開に多方面で頑張っている。
昔から遊んでいたシリーズが今も元気なことは嬉しいし、作っている方々やファンの愛情も極まっているし、幸せなシリーズだと思う。
今後展開されるすいこみ大作戦と対戦モノとSwitch新作も楽しみ。そして次は30周年オーケストラが実現したら良いな。

先日、初めて東京に行った。
旅行記をしたためようとしたが、思いのほか文章をまとめるのが大変だったので、訪れた場所と感想を箇条書きしていく。

飛行機~羽田空港
 初めての飛行機は想定していたほどの感激や恐怖はなかった
 とはいえ離陸前の注意喚起で少し気が引き締まる
 着陸時の浮遊感にジェットコースター感
 モノレールで二駅ほど移動してもまだ空港の中

東京タワー
 遠目に見て自分が東京にいることを実感する
 曇り空が背景だと禍々しさがある
 近づくと「鉄骨だ……」という感想しか出てこない

Honeyview_IMG_0945.jpg

築地市場
 観光客の合間を疾走するターレ(ターレットトラックというらしい)
 聞こえてくるのは外国語ばかり
 今日のおすすめチーズ
 店先に飾られた巨大な魚骨から滴る水
 祭りでもない普通の土曜日なのに大盛況

浅草寺
 雷門が道路のすぐ傍にあることに驚く
 風向きのせいで浅草寺の線香を浴びる
 女子中学生が「顔が良くなりたい!」と煙を仰いでたのが微笑ましかった

スカイツリー
 回り道を強いられるのがシーカータワーを目指している時のそれと同じ
 東京タワーと比べて明らかに高く頑丈そうで技術差を実感
 ゆるキャラのイベントをやっていた
 人が分散しているのか、ポケモンセンターが空いている

都庁
 こういう場所が観光地として成り立ってるのがすごい
 エレベーターで一気に登って景色を見る
 全方位に高層ビルが広がっているわけではなく緑も見える
 都庁のすぐ近くにホームレスの集団や謎のオブジェ

Honeyview_IMG_0995.jpg

明治神宮
 灯籠の設置間隔からBotWの青い炎を灯していくチャレンジを思い出す
 風で葉がちらちらと舞っていた

原宿
 人口密度が高い、後ろの人が痺れを切らして押してくるの危ない
 Calbee+のポテりこ(揚げたてじゃがりこ)が美味しい
 肩に猫を乗せてペットショップの宣伝をする店員
 路地裏の電柱に貼ってある日本語が怪しい仕事依頼
 もふたんずグッズを探したが見つからず

上野
 公園付近、路上駐車から遺棄された車に闇を感じる
 このあたりに住む学生はデートスポットに困らなさそう
 アメヤ横丁で客引きに腕を掴まれて焦る
 風と焼酎、料理と水(どこかの店のコピー)

秋葉原
 近づくにつれて露骨に雰囲気が変わっていくのが面白い
 ビル広告に堂々とエロとか書いてあるのが異世界
 何かが見つかりそうだが、ここでの探し物は骨が折れそう

Honeyview_IMG_1047.jpg

東京大学
 学生のいない大学ほど知性を感じられる場所はない
 構内を自転車で散歩する小学生を見て「将来賢くなりそう」←まるで賢くないコメント
 煉瓦造りの建築物が立ち並ぶのが好き
 東京大学グッズを漁るのが楽しい
 一般人が長蛇の列を成す食堂

Honeyview_IMG_1059.jpg

永田町
 警備員が短めの間隔で立っていて物々しさを感じる
 異質な石造りの建物が最高裁判所と知って驚く
 国会議事堂をこの目で見られたのは満足
 国立国会図書館にいつか入ってみたい

皇居
 皇居ランナーはどこから来てどこに帰るのだろう
 広い道路を疾走する自転車の群れ
 正門前で皇宮護衛官の交代場面を見られた

羽田空港(国際線)
 やや狙いすぎている「日本風」の土産屋
 ここが世界と繋がっていると思うとわくわくする

その他
 地下鉄の運賃が端数
 観光地の主役は外国人
 東京にも住宅街はある
 配信されたばかりの「はねろ!コイキング」の広告が電車に
 次に来る時には五輪関連の垂れ幕もなくなっているかもしれない


東京概要編と言わんばかりに次々と観光名所を見て回った。
日頃の運動不足が祟って今も足が痛い。

東京も人が営む普通の町だった、と肌で感じられたのが一番の収穫。

これまで東京は、テレビの先の異国だった。
理屈では普通の町だと分かっていても、本土の片隅で暮らす自分にとって「首都」という言葉が持つイメージは眩しすぎた。
だからこそ一度は行っておくべきだと考えていたし、此度ついに叶ったことに満足している。

今後再び訪れる機会があるかは分からない。
ただ少なくとも臨終の際に「一度で良いから東京に行ってみたかった」とは悔やまずに済みそうで、そこは安堵している。

新年あけましておめでとうございます。
2016年の総括だけで年末年始の義務を全て果たしたかのように思い、気づけば正月三が日も過ぎてしまっていた。まだブログには今年の抱負を書いていなかったので、しっかりと書いておこう。

「ゲームを10本クリアする」

これが大真面目に考えた、2017年の目標。
ゲームは趣味。この目標を達成するために、しっかりと趣味の時間を取りましょうというお話。

というのも、この数年でゲームのプレイスタイルが大きく変わってきた。
以前はコストパフォーマンスが高く、クリア後も数百時間単位で遊べるものに価値を見出していた。その最たる例がMHシリーズ。skypeで駄弁りながら徹夜で狩っていた時間は、それはもう楽しいものだった。

今はどうかというと、そこまで時間が取れないし、モチベーションも持続しない。ボリューミーなゲームを買っても、それを遊び尽くすことができなくなってきた。どちらかというと、30時間未満で完走できる、密度の濃いゲームを遊びたい思いが強い。

大好きな世界樹2のリメイク作である新世界樹2は、発売から二年経った今も裏ボスを倒せていない。MH4Gの狩り残しは「面白くなかったから」だと納得していたが、MHXは「面白かったのに」狩り残してしまった。
MHSTもポケモンムーンも本編に大満足したが、その楽しい記憶をクリア後の作業で上塗りしたくなくて、エンディングを見た後は一度も起動していない。砂漠のネズミ団さえ、エンディング後の要素は放置してしまっている。

まあ、それは良い。どのゲームも少なくともエンディングは迎えているのだから。完璧にやり込むことは諦めた。今後はクリアしたら充分だと考えるようにする。
問題は、さらに時間と気力が目減りした時。そのうち途中で挫折するようにならないか。最悪、買っただけで開封しなくなるのではないか。そうして、まともにゲームを遊べなくなっていくのではないか……?

ああ恐ろしい。そんな老い方は嫌だ。
クリア後のやり込みは断念しても、エンディングにすらたどり着けないのは困る。

そこで新年の抱負が「ゲームを10本クリアする」である。
ちゃんとクリアすることを意識して遊んでいく。クリアにやり込みは含まないが、もちろん自分がやり込みたいと思ったゲームはやり込んでいきたい。

現時点で遊んでいるのは世界樹5(裏)とFEif白夜(7周目)。e-shopの初売りセールに釣られてショベルナイトも買ったから、1月はこれだけで手一杯になるか。
あとは3月のSwitch発売までに、WiiUのソフトを何か一つ遊んでおきたいとも考えている。VCやWiiソフトも気になるが、現時点では♯FEが気になっている。