双剣士アイネの狩猟

前置き無しで村最終モンスターハンターに挑戦。

まず気付いてしまったのですが……ペイントボール持ってこないと捕獲の見極めは無意味でしたね。あんだけ念入りに準備しといて、そこに気付かないとか何やってんだ自分orz


レウスは処理しました。閃光三つぐらい外してしまって、使用数6つ。ということは3つあれば倒せるのか。討伐時間は3:44と優秀でしたが、前述の通り見極めが死んでいるのが残念。

次のティガの登場場所を確認してからリタイア。守りの護符をペイントボールに変えます。





村★9「モンスターハンター」 ラストタバルジン 45:49

キッチンスキルで弱いのこい!と医療術が発動。良いね良いね。


vsリオレウス 44:07

先ほどより時間がかかっているのは、閃光玉を外しすぎて(7つ使用)、弱ってからガチ戦したから。あとオトモの麻痺が発動しなかった分もあるかな。と考えると、先ほどのはペイントさえ忘れて無ければ完璧だったのではないか。

残り時間44:07、つまり5:53で討伐。0分針で片付けたかったところ。


vsティガレックス 

シビレ罠、携帯シビレ罠、落とし穴×2を使い、二度ほど壁刺しを実行する徹底ぶり。ただし壁に刺すのは、文字通り壁際に追い詰められることでもありまして。ここで一乙しました。
さらにリアル根性が発動する場面もあり、下手したら二乙とか、もうね……。本当に鬼門です。

何が恐ろしいって、これだけ道具を使っても弱らないところ。残り時間33:06でやっと弱るとか、タフすぎ笑え……ない。閃光玉使わないとロクに戦えません。

残り時間30:25(19:35経過)でやっと討伐。レウス戦とインターバル1分を引いて、戦闘時間は12:42かな。計算間違いしてるかも。

閃光玉使いすぎてしまって次のナルガが激しく心配。(だけど後から計算したら3つか4つぐらいしか使ってないみたい。むしろ心配なのは時間か)


vsナルガクルガ

オトモがシビレ罠を二つ連続で設置するという神サポート。音爆弾は4回か5回ぐらい成功したはずですが、結構ガチ戦は長かった気がします。ただ、四連飛びかかり後の威嚇など、乱舞チャンスは意外とあったかな。
やはり尻尾や飛びかかりを性能で回避しながら戦うのは脳汁が出ますね。今回は尻尾削りもあまり気になりませんでした。

残り時間19:46(30:14経過)で討伐。ナルガ戦に費やした時間は09:39。あれだけ動きを止めて乱舞したにも関わらず、このタイムとは。レウス以外は結構タフのようですね。


vsラージャン

いよいよ最後の相手。と意気込んでいましたが、出だしは拍子抜けするほど良い子。ビーム連発のおかげで乱舞し放題。毒も入ってくれました。
すぐに金色になりますが、まだ落とし穴は使いません。せっかくなら毒が切れてからね。

とりあえずステップが一番怖いことはよく分かりました。変に距離取ると避けきれない上に、軽く轢かれて七割。追撃くらう率も高いので、モドリ玉はいつでも使えるようにしておかねば。

非怒り時はブレス連発で実に良い子なのですが、怒ると隙のない攻撃を連発して、全く手が出せません。おまけにバックジャンプ連発で狭いところに行くし……。かなり頻繁に動き回るので、位置取りが大切ですね。まあ誘導しようとしたらステップが怖いんだけど。

あっさり乙ることもあるので、かなり慎重に立ち回ります。

そして残り5分半、ついにペイントが黄色に。ここで閃光を使って動きを止め、大事に温存しておいたラスト落とし穴を設置。誘導して嵌ったところに乱舞、乱舞、乱舞!


残り時間4:11(45:49)にして、無事に討伐することができました。ラージャン戦は14:35。まあ、ほぼガチ戦でこのタイムなら、悪くないんじゃないでしょうか。

ベルクの時のように叫んだりしなかったのは、余裕の表れでしょうね。さすがに三度目だし。


報酬はナルガとティガの天鱗、勲章「ネコートのコート」、鷹見のピアス。そして何よりも達成感と自己満足感! いやはや、素晴らしいクエストだと思います。





○反省

まず残ったアイテム(爪護符や調合書は省略)を挙げておきます。

回復薬グレート×8
活力剤×6
強走薬×2
強走薬グレート×1
いにしえの秘薬
素材玉×6
ペイントボール×3(8つ持って行ってラージャンに2つ使用)
閃光玉×2
モドリ玉
砥石×1
ドキドキノコ×6
ケルビの角×6


地味に砥石が危なかったね。白ゲージが無くなったらすぐに砥いでいたのが原因だと思う。支給品と採取で携帯砥石が手に入らなかったら、普通に足りなかったわ。

そして閃光玉が2つ余ってます。ナルガ戦で不用意に音爆弾を投げまくってしまったのが無駄だったね。10個あるなら~と思ってたけど、わりと簡単に無くなっちゃうね。
余ってるならレウスやナルガに使うべきだったかなーと考えてしまいます。というか2つ余ってたの、終わってから気づいたわ。

スキルですが、ナルガ戦があるので性能はあった方が良いです。ティガやラージャンでも、救われることはあるし。見極めは時間に追われるラージャン戦では有効でしたが……。
ペイントボールで枠を潰すのと、弱りを確認してもすることは変わらないことを考えると、あまり恩恵はなかったかな。

対してダメージ変わらないので、守りの爪を置いて捕獲玉にするべきだったかも。特に平常時ダメージを与えづらいティガとか、罠を残しておいて捕獲するのは良い手だと思う。

……捕獲より討伐の方が、何となくすっきりするけどね!



討伐時間は45:49。

ベルクの大剣が46:11、太刀が45:07。とはいえ前者は抜刀アーティ、後者は匠に見切りと火力特化。今回のスキル構成でこのタイムなら、満足しても良いかなー。

しかしどうやっても40分オーバーになりますね。何がいけないんだろうか。やっぱりティガとラージャンで時間かけ過ぎてるのかしら。




考察はこのぐらい。今回も面白かったね。次はハンマーで挑戦してみたいけど、やっぱりティガが面倒そうだから止めておこうか。気が向いたら試してみます。

村クエもコンプリートしたし、今後は集会所のクエスト埋めかな。あと、忘れちゃいけないG級訓練。アイネさんの狩りは、まだまだ続く。