高校時代にブログを書いていた。
内容は日常の出来事、自分なりの考え、趣味の話、愚痴、詩、エトセトラ。
受験期までは毎日更新していた覚えがあるし、一日に数回更新する日もあった。

よくそれだけの手間をかけたし、それだけの時間があったものだと感心する。
当時、ブログ更新を苦しく思った記憶は、あまりない。これは「高校生活がそんなに楽しくなかったから」という身も蓋もない事情があるように思う。
何かと不満を抱えている時の方が、文章を書きたくなるもので。
高校での生活は良くはなかったが、ブログを更新していた高校時代は悪くなかった。


そのブログも、高校を卒業して二年後に閉じてしまった。
閉鎖前にローカル環境に保存はしたものの、当時のやり方がまずかったのか、簡単に開ける形式ではない。手軽に記事を探したり、読み返すことはできない状態となっている。

ブログ最大の弊害は、この時期の日記が丸々抜けてしまっていることに尽きる。
中学時代にはWordで日記を書いていたが、高校時代はブログが日記代わりだった。
ブログを閉じた後はTwitterもあるし、日記をつける習慣を復活させている。

デジタルの日記をEvernoteに移して並べると、ブログ時代がすっぽり抜けてしまっている。
失われた五年の空白期。Evernoteには一切データがないし、幼少期のような印象に残る記憶もない。特に何も存在しなかった時期。


しかしブログのデータは残っているのだから、この一時期だけ抜けているのも面白くない。
苦労の末にデータをEvernoteに移す手順を固めて、気が向いた時に少しずつ移している。
当時の自分が精魂込めて残したのは1277記事。全て移すのは現実的なことではないが。

この移行作業を通して、ようやく当時のブログ記事に目を通す機会を得た。

特に何も印象に残らない空白の五年間……そんなわけがなかった。
過去の自分が残した文章は、稚拙で痛々しいけれど、生の感情を伝えてくる。
この五年間もちゃんと生きていたんだと、当たり前のことに気づく。

十代後半の多感な頃に、思いつく限りのことを書いて残している。
今になってみれば貴重だし、あれだけ手間と時間をかけた甲斐があったというもの。

単なる過去の振り返りには留まらない。
Evernote上で、十年前に書いた日記と、今日書いた日記が並んでいる。
その様子を見て、全部つながっているのだと感動してしまった。

人に歴史あり。今ここにいる自分は、急に降って湧いた存在ではない。
しょうもないことに笑って泣いて、その時その時を生きてきて。
地続きの最先端に今の自分が立っている。それは誰にも否定できない。

当時の自分は先のことなど考えず、当時を生きるためにブログを書いていただけ。
それが時を経て、今の自分を肯定してくれたように感じられた。
何のためにログを残すのか。また一つ答えを見つけたかもしれない。

Evernoteを使い始める以前に残したログがある。
中学時代の日記であり、高校時代のブログであり、大学時代のツイート。
これらも自分史の一ページ。検索の網にかかるようにしたいので、暇がある時にはEvernoteに取り込むようにしている。

しかしこの作業、ものすごく進みが悪い。
物理的な手間と時間がかかる上に、中身が目に入るのが辛い。

過去の文章を読み返していると、あまりの稚拙さに目を覆いたくなる。
現在から乖離したログほど新鮮で面白いのは確かだし、当時の興味や感性を再発見することも多いが、それはそれとして触れるのに体力がいる。
暇とモチベーションが有り余っている時にしか進まない作業なので、全てのログを移行するのは現実的ではなさそう。


文章の賞味期限は、だいたい三年が限度だと感じる。

たとえば2010年から今まで続いているTwitterにしても、遡って2014年あたりのツイートはまだ読めるが、2013年以前となると恥ずかしくなってくる。
文体、言葉の選び方、テンションの差。何もかも別人が書いているように見える。

もちろん三年毎に区切りが生じるのではない。グラデーション状に変化していく中で、現在と離れるほど差異が広がっていって、それが一定ラインを超えるのが三年というイメージ。


三年という感覚は、結構前から持っていた。
この頃は2012年あたりのツイートまでは平然と読めた覚えがある。


高校時代にブログを書いていた頃は、十年続けるのだと息巻いていた。
実際は五年目にして閉鎖。Twitterの使い勝手が良すぎたこともあるが、閉じた直接の理由は、昔の文章が見るに堪えなかったから。

仮にTwitterが存在していなかったとしても、十年続けることは難しかったと思う。
十代にとっての五年はあまりにも長い時間で、環境も、趣味も、交友関係も、何もかもが変化していってしまう。そんな中で同じペースを維持できるかというと……。

しかし、賞味期限は徐々に伸びていくのではないかと思っている。
成長や変化が緩やかになり、三年が五年、五年が十年に。
それならば今こそ、今度こそ十年続くブログを書けるのかもしれない。


……と、ブログの話で締めようとしたが、途中で気づいた。
この賞味期限は、文章ではなく人格にかかっているのかもしれない。
三年前の文章に抵抗を覚えるのは、三年前の自分が他人に近いから。

だとすると、変化のスパンが長くなることを素直に受け止めて良いものか。
定着したと喜ぶべきなのか、停滞したと嘆くべきなのか。

7月の記事まとめと、月の振り返り。


梅雨と夏バテで調子を崩し気味の月だった。
前半は相変わらずこのすばに夢中で、現時点で本編8巻まで読了。

21日にスプラトゥーン2が発売してからは、比重がイカに移った。
当初から悩まされている回線落ち問題は、有線にして安定したかと思いきや、相変わらず平日夜は厳しいようでお手上げ状態。
プレイヤーの数がもう少し落ち着くのを待つべきなのかもしれない。

後半は創作熱が高まっていた。久しぶりに二作ほど更新できて満足。
代わりにこのブログはなおざりになっていたが、あまり気にしていない。

12日の記事で触れた、nami2000に残していたログについて。
これは目を通して、必要なデータを現在の環境に移してきた。
最近のEvernoteは、規模の大きいテーマについてはポータルノートを作り、ノートリンクで関連するノートを束ねる方法を取っている。
そもそもポータルノートを見失わないようにする必要はあるが、良い手応えを感じている。

こうして月の終わりにチェックポイントを設けるのは悪くない。
軽く記事を読み返して、追記や補足を入れるスタイルで、今後も続けていこう。

まだ一日残ってはいるが、6月も終わるということで、軽く振り返ってみる。
来月以降もこの形式が続くかは分からないが、今は習慣にしていきたいと考えている。


8日の記事でARMSを買おうか悩んでいたが、結局買っていない。買わない理由探しというのも虚しいものだとは思う。
9日に書いたFindNoteは今も使っている。ノート検索は扱いにくく、実質ランダム表示するだけのアプリと化している。
19日のカービィオケは遠い昔の出来事のように思えるが、まだ10日前の話なのか。

今年中にゲームを10本クリアすることを目標に掲げているが。
今月はゼルダBotWとミートピアをクリアして、ちょうど折り返し地点の5本。
ゼルダに時間をかけすぎたが、何とかペースは守れている。
カービィのソフトも何か遊びたいが、7月頭に「すいこみ大作戦」が出るので買う予定。

そして最近は「このすば」に熱を上げていて、他のことが手に付かない。
好きが一定水準を超えると逆に苦しくなってくるが、既にその段階まできている。
すっかり影響されて一次創作をしたくなり、設定を考えるばかり。

おかげで早速ブログがなおざりになっているが、更新頻度はこのぐらいが良い。
このブログをどう扱っていくかは何となく掴めてきたので安心している。

ブログ内で使うカテゴリとタグに関するルール作り。
見かけから入るタイプなので、こういう外枠を考える時間が好きだ。
このひと月ほど試験的に運用していたが、そろそろ整えておく。

170621-1948.png 

現在のカテゴリはこのようになっているが、以下のように変更する。

[随想]
ずいそう。考えていることを書く。ほとんどがこれに収まる予定。

[私事]
わたくしごと。そうは言ってもブログに書いてることは全て私事ではある。
随想よりも日記や回顧録に近いが、公にできる私事なので数は増えないはず。

[雑記]
ざっき。上手く振り分けられなかった記事の行き場。その他。

[ゲーム]
げーむ。本来はタグで対応すべきだが、数が多くなるので独立したカテゴリを立てる。
各ソフトに関する個別の感想も、ゲーム全般に関する考えも、まとめてここへ。

[Archives]
非公開にした記事を置く場所。

いつも枠を作り過ぎるので、今回はこのぐらいにしておく。


続いてタグ。こちらは後から記事を掘り出しやすくするための道具。
これこそ付けたい時に付けたいものを付けるべきなのだが、枠がないと息ができない。

【具体的なタグ案】
Evernote/Workflowy/Scrapbox:各ツールに関する話は個別に付ける
ブログ:自己言及
懐古:昔のこと
覚書:メモ ※カテゴリから降格
ルール:色々な定義
月のまとめ:月の終わりに更新する記事用のタグ

あまり厳密には定義せず、気軽にラベルを貼るイメージで運用する。


ところで、このブログの記事は全てEvernoteにも格納している。
「blog-九条河原の落書」とタグを付けているが、このブログ内のカテゴリやタグ情報は記録していない。
これをEvernoteのタグと連動させるなら「blogTag-〇〇」を作るしかなさそう。
しかし二度手間になるし、後から修正もかけにくい。やっぱりやめておこう。



17/07/09:追記
やはりカテゴリ「ゲーム」が浮いているので削除し、タグで代用する。
代わりにカテゴリ「感想」を立てる。