月曜に更新した記事で「旧web版Evernoteのノートリンクでクライアント版を呼び出してしまう」ことを書いたが、これが火曜の夜には解決していた。
……他に言及している人がいない以上、原因はEvernoteではなく個別の環境の問題だったのかもしれない。なお特に再起動などはしていない。
この手のトラブルには疎いから、Twitterやブログで触れる時は念入りに調べてからにしているが、結局分からないままアウトプットすることが多い。今回に至ってはよく分からないままに解決まで進んでしまい、何の参考にもならない結果に。まあ直ったなら良かった。

と、これだけ書いて終わるのも寂しいので、近況を書き連ねてみる。


[マリオオデッセイの話]
最後の面を攻略中。当初の手触りではゼルダBotWほどの衝撃はなかったが、ニュードンクシティで一気に引き込まれ、最終面でまた上手いなあと膝を打っているところ。
発売初日にエンディング到達している人がちらほらいたが、たしかにクリア優先で進めると話は早い。このテンポの良い作りはむしろ嬉しい。
しかし探索やムーン集めを始めると、いくらでも時間が溶けていく。アスレチック系を筆頭に、結構厳しめの操作を要求してくるムーンもあるので、今作を隅々まで遊び倒すのは難しいかも。
あと30分ぐらい遊んだつもりで時計を見たら2時間経っていた、みたいなことが頻繁に起こる。なかなかの時間泥棒っぷり。


[余暇の奪い合い]
それなりに遊ぶ時間は確保しているはずだが、まったく追いつかない。
まずゲームだけでも忙しい。戦国無双真田丸を買えていないのに、この金曜にはポケモンUSUMが発売されてしまう。キャットクエストも気になっているが、優先度の高い大作ソフトが多いので手が回らない。
さらに何故かこのタイミングでピクロスブームが再燃してしまい、今はマリオデとピクロスに圧迫されている状況。
ソシャゲはアズレンFEHチェンクロと3つ抱えているが、アズレン以外はデイリーボーナスを落とさないのが精いっぱい。ここにどうぶつの森ポケットキャンプが来るなんて嘘でしょ……。

おかげで創作やEvernoteに回す時間が満足に取れていない。
やりたいことが多いのは幸せではあるが、手が回らないのはそれなりに引っかかるものがある。もう少しメリハリを付けられれば良いのだが。


[年末の気分]
秋から冬にかけて飛ぶように過ぎていくが、もう11月も折り返し。
大河直虎も最終盤だし、2017年の終わりが近づいてきた心地がする。
最近ちょっと落ち着かないというか、色々と片づけてしまいたい気分になっているのは、この年末意識があるからかもしれない。
冷静に考えたら、プライベートで抱えているものは12月も1月も関係ないのだが。案外、区切りを気にしてしまう性格なのか。
「気がついたら12月になっていた」ことだけは避けたいので、今月中に創作を一話でも前に進めたい。

Evernoteにはノートリンクという大変便利な仕組みがある。
各ノートが持つリンクを他のノートに貼れば、関連性の強いノート同士を相互に繋ぐこともできるし、目次ノートを作ることもできる。
そういうわけで愛用していた機能だが、旧web(ブラウザ)版において上手く使えなくなってしまった。
リンクで飛ぼうとするとクライアント(Windows)版を開くしかなくなる。

最初はリンク貼りを間違えたのかと思ったが、過去のリンクも機能しなくなったので、ここ最近で仕様が変わったらしい。
ちなみに新web版だと内部で飛ぶことができる。当然クライアント版も同じである。

古いバージョンを使っているのだから、真綿で首を絞められている状況にあることは分かっていたが、よりによってノートリンクが使いにくくなったのは非常に痛い。
どうにかならないかと調べてはいるが、そもそも旧web版を使っている人が少ないのか、もしかしたらEvernote側ではなく個別の問題なのか、とにかく解決の見通しが立たない。

そこでこの日曜はクライアント版を使ってみたが、とにかく重くてストレスが溜まるし、日ごろから書き込むには向かないことを痛感するばかりだった。
やはり日頃の書き込みに関しては旧web版、閲覧はクライアント版(あるいはiPhoneのアプリ版)に頼るのが妥当かと思う。
新web版が信じられないほど使いづらいことが解消されれば、まだ選択肢も増えるのだけど。


chromeでノートが開けなくなり、今度はノートリンクが使えなくなり、いよいよ追い詰められてきた。どうしてツールというものは、年月が過ぎるほどに使いにくくなっていくのか。
そういえばTwitterも最近になって、残り文字数を円型のゲージで表示するという不思議な仕様変更があった。Twitterの進化については既に諦めているし、これ自体は致命的な変更でもないが、実装に何の意義があるのかと考えなくはない。

以前に書いたのと同じ結論になってしまうが、Evernoteに関しては代替物がないのが怖い。
旧web版と比べて、新web版やクライアント版が使いにくいこと自体がよろしくない。
Evernoteの未来については疑心暗鬼が強まっており、今のままでは百年どころか三年先も怪しいと考えている。

少なくとも2017年現在、Evernoteと同等以上に使えるツールは見つけられていない。
もし明日からEvernoteが使えなくなるとしたら、今ならWorkflowyとDynalistを組み合わせて対応するとは思う。その場合はEvernoteで管理していた時代より、良くも悪くも簡素な記録になることは間違いない。

Evernoteはweb版の旧デザインを使っている。
先週の水曜(20日)から、中央のノート一覧が表示されない事態に。

170925-2143.png 

ノートブックを移動しても、全てのノート表示にしても変化はない。これではノートにアクセスできず、全く使い物にならない。
新デザインに切り替えると表示されるものの、このデザインだとノートブック一覧を固定できず使いにくい。
仕方なくこの数日間はWindows版を使っていたが、これも慣れない。web版に比べて動作が重く、いちいちストレスが溜まってしまう。

何とか元の状態で使えないかと調べていると、Chromeで表示にバグが起こるというツイートを見かけた。
試しにFirefoxで開くと、きちんと表示される。やはりChromeとの相性によるものらしい。


Evernoteは第二の脳であり、自己の根幹を成す場所でもある。
現状を百年維持してくれるなら、百年使うつもりではあるが、恐らくそうはいかない。
何の前触れもなく上記のようなトラブルが起こるし、不利な仕様変更もありうる。
自分の場合は旧デザインが使えなくなるだけで、致命傷を受けてしまうわけだし。

単に保管庫として使いたい身からすれば、Evernote社がワークスペースを目指す方針を持っていることも心配。
正直なところ、先行きにかなりの不安を覚えている。

一番困っているのは、Evernoteの代替サービスが見当たらないこと。
Workflowyに対するDynalistのように、Evernoteに対する何かが出てきてくれれば、いざという時に乗り換えられる師、Evernoteの改善も見込める。
とはいえ、今は他に扱いやすい保管庫が見当たらないので、黙って耐えるしかない。

いっそ画像やwebクリップを投げ捨てて、テキストデータだけを扱うようにすれば、選択肢は増えそうではあるが……。

Evernoteを使い始める以前に残したログがある。
中学時代の日記であり、高校時代のブログであり、大学時代のツイート。
これらも自分史の一ページ。検索の網にかかるようにしたいので、暇がある時にはEvernoteに取り込むようにしている。

しかしこの作業、ものすごく進みが悪い。
物理的な手間と時間がかかる上に、中身が目に入るのが辛い。

過去の文章を読み返していると、あまりの稚拙さに目を覆いたくなる。
現在から乖離したログほど新鮮で面白いのは確かだし、当時の興味や感性を再発見することも多いが、それはそれとして触れるのに体力がいる。
暇とモチベーションが有り余っている時にしか進まない作業なので、全てのログを移行するのは現実的ではなさそう。


文章の賞味期限は、だいたい三年が限度だと感じる。

たとえば2010年から今まで続いているTwitterにしても、遡って2014年あたりのツイートはまだ読めるが、2013年以前となると恥ずかしくなってくる。
文体、言葉の選び方、テンションの差。何もかも別人が書いているように見える。

もちろん三年毎に区切りが生じるのではない。グラデーション状に変化していく中で、現在と離れるほど差異が広がっていって、それが一定ラインを超えるのが三年というイメージ。


三年という感覚は、結構前から持っていた。
この頃は2012年あたりのツイートまでは平然と読めた覚えがある。


高校時代にブログを書いていた頃は、十年続けるのだと息巻いていた。
実際は五年目にして閉鎖。Twitterの使い勝手が良すぎたこともあるが、閉じた直接の理由は、昔の文章が見るに堪えなかったから。

仮にTwitterが存在していなかったとしても、十年続けることは難しかったと思う。
十代にとっての五年はあまりにも長い時間で、環境も、趣味も、交友関係も、何もかもが変化していってしまう。そんな中で同じペースを維持できるかというと……。

しかし、賞味期限は徐々に伸びていくのではないかと思っている。
成長や変化が緩やかになり、三年が五年、五年が十年に。
それならば今こそ、今度こそ十年続くブログを書けるのかもしれない。


……と、ブログの話で締めようとしたが、途中で気づいた。
この賞味期限は、文章ではなく人格にかかっているのかもしれない。
三年前の文章に抵抗を覚えるのは、三年前の自分が他人に近いから。

だとすると、変化のスパンが長くなることを素直に受け止めて良いものか。
定着したと喜ぶべきなのか、停滞したと嘆くべきなのか。

7月の記事まとめと、月の振り返り。


梅雨と夏バテで調子を崩し気味の月だった。
前半は相変わらずこのすばに夢中で、現時点で本編8巻まで読了。

21日にスプラトゥーン2が発売してからは、比重がイカに移った。
当初から悩まされている回線落ち問題は、有線にして安定したかと思いきや、相変わらず平日夜は厳しいようでお手上げ状態。
プレイヤーの数がもう少し落ち着くのを待つべきなのかもしれない。

後半は創作熱が高まっていた。久しぶりに二作ほど更新できて満足。
代わりにこのブログはなおざりになっていたが、あまり気にしていない。

12日の記事で触れた、nami2000に残していたログについて。
これは目を通して、必要なデータを現在の環境に移してきた。
最近のEvernoteは、規模の大きいテーマについてはポータルノートを作り、ノートリンクで関連するノートを束ねる方法を取っている。
そもそもポータルノートを見失わないようにする必要はあるが、良い手応えを感じている。

こうして月の終わりにチェックポイントを設けるのは悪くない。
軽く記事を読み返して、追記や補足を入れるスタイルで、今後も続けていこう。