先月末に最新作のセカダン2が発売された世界樹の迷宮シリーズ。
大好きなゲームだが色々と思うところもあり、この機に改めて振り返ってみる。

2007:世界樹の迷宮
2008:世界樹の迷宮2 諸王の聖杯
2010:世界樹の迷宮3 星海の来訪者
2012:世界樹の迷宮4 伝承の巨神
2013:新・世界樹の迷宮 ミレニアムの少女
2014:新・世界樹の迷宮2 ファフニールの騎士
2015:世界樹と不思議のダンジョン
2016:世界樹の迷宮5 長き神話の果て
2017:世界樹と不思議のダンジョン2

世界樹の迷宮シリーズは、新作が出る度に文句が言われてきた。
今でこそ傑作扱いされている3や4も、当時は散々な言われようだったもので。
それでも今にして思えば、3DS全盛期だった2012年頃が一番幸せだった。

シリーズが転機を迎えたのは、ストーリーモードを搭載した新世界樹1。新しい客層を狙ったのは分かるが、シリーズのコンセプトを否定しているとして、旧来のファンの反発を招いた。
2013年は当時アトラスの母体だったインデックスが倒産し、新世界樹1が遺作かと囁かれていた時期でもある。あの頃の空気は本当に重かった……。

それからセガに拾われてアトラスが復活したのは良かったが、賛否両論だった新世界樹シリーズを続けて出したのは火に油だった。クラシックモードに限定しても新世界樹2自体は良作だし、5と発売順が逆だったらと惜しく思う。
初のコラボ物のセカダンは当初盛り上がったものの、蓋を開けてみればお世辞にも良作と呼べるものではなく。コラボなのにお互いの良さを殺し合っているのが残念。

待望されていたナンバリング新作の5は、原点回帰を謳って薄味だったり、食材関連が練り込み不足だったりと、やや物足りない出来。期待値が上がり過ぎたのかもしれない。
これが初代なら文句はないが、シリーズ七作目でこれかという感想はある。UIや舞台や魔物を一新するなら、根本的なゲーム部分も変えてほしかった。


そうして足踏みしている間にSwitchが発売され、3DSの後継機がどうなるかは未だ不明。
二画面とタッチペン前提のゲーム設計なので、そのままSwitchには移行できない。
世界樹5発売後に「次の作品を作っていない」との発表も追い打ちだった。

実際はシリーズ十周年作品としてセカダン2が発売されたのだけど。
前作がちょっと厳しかったので、自分はまだ様子を見ているところ。

そんな中で、昨日ファミ通のインタビュー記事が公開された。
>もうひとつの集大成とも言えるような、“お祭り”的な作品をお届けしたい。
>そのような思いに至りまして、現在、新作の開発を進めているところです。
>これが、ニンテンドー3DSで下画面に地図を書く、最後のシリーズ作品になります。

「お祭り的な作品」とは、それこそセカダンのことだと思っていたが。
書き口とタイミングからしてナンバリング新作ではないだろうし、地図を書くならコラボや外伝とは違うはず。「もうひとつの集大成」から考えて新世界樹3と予想している。

何はともあれ、また3DSで地図を書く新作が出ることは喜ばしい。
それが最後になることも、ハードの世代交代を考えれば妥当。
むしろ明言してくれてすっきりした。

あとはSwitchで世界樹シリーズを続けてくれたら本望だが、このあたりはもうアトラスの判断になってしまうので、祈るしかないところ。
個人的にはマッピングを捨ててでもシリーズを続けてほしいし、初代からのマンネリを脱却するチャンスでもあると思っている。
シリーズの存続が無理なら、せめてキャラメイクできるRPGを出してくれたら嬉しい。