このブログの開設日はいつになるのだろう。

最古の記事は2006年まで遡ることになるが、今年で開設11周年だと書くのは抵抗がある。
11年前とはこのブログの扱い方がまったく違っている。当時と共通しているのは、アドレスとブログ名ぐらい(最初期はブログの名前も違っていた)。

今の形が確立したのは今年の5月あたりから。
現時点で記事を古い順に並び替えると、2016/10/12という日付が一番上にくる。
今や遠い昔のように感じるが、この時に2015年以前の記事は非公開とし、心機一転として再スタートを切った。

当時掲げた「twitterとは両輪で互いに補い合える形に持っていく」という目標は、補うというよりは使い分ける形に落ち着いたが、概ね達成できた。
このブログがなくなっても困るほどではないが、書きたい時に書ける場所があるのはありがたい。ほとんど機能停止していた時期を考えれば、良い状況にある。

ここが一つの区切りとなるのは間違いない。便宜上2016/10/12を二度目の開設日と決める。
数年後にまたしても心機一転する可能性はあるが、今現在の考えを基に、このブログは改築一周年を迎えた。そういうことにしておこう。


自分の本丸はどこにあるのか、と考えることが多い。
小学生までは「家」だった。家の周りには「近所」があり、その先に「学校」があった。
中学生になると学校が楽しくなり、細かく書けば「部室」「図書室」「教室」だった。
この頃から本格的に「日記」を書き始め、ここで初めて自分の手綱を握ったのだと思う。
自分が自分のために、目に見える形で残し始めた記録は、2006年に「ブログ」になり、2010年に「Twitter」になり、2016年からは「Evernote」中心に回っている。

趣味や仕事や交友は、自分を形作るものではあるが、自分の根幹となるものではない。
しかし誰に宛てるでもない表出(適した言葉が思いつかない)は、Evernoteに綴じている自分自身に最も近い。

思いつきが思いつきで終わることも多い中、このブログが一年続いたことは素直に嬉しい。
まずは一年。そして明日からは、次の一年が始まる。