先週から体調不良気味で、この日曜日も頭痛で半日動けなかった。まだまだインフルエンザが流行っているので怖いところ。

先月下旬から遊んでいたセブンスドラゴン3をクリアした。
このシリーズはえげつない展開を挟むことが多いが、今作は最たるもので。エンディングは救いがあるが、それでも切ないものを多く残す形だった。
チャプター6の「Re:Vanishment feat. Annabel」が印象に残っている。そこに至るまでを考えれば、もっと熱く復讐心を駆り立てる展開にもできるのに、もう戻れないあの頃を慈しむような曲調が意外で。

そういうわけで、今は一つのゲームが終わった後の空白期間に当たる。
久しぶりにスプラトゥーン2を遊んだり、マリオオデッセイでクリア後のムーン集めをしてみたりしている。
Switchの体験版もいくつか遊んだ。一番面白かったのはDQビルダーズ。クラフト系のゲームは苦手だが、これはクエスト形式で目的を与えられるのが遊びやすかった。ロストスフィアは雰囲気とBGMは良いが、仲間の掛け合いテキストが受け付けなかった。全体的にテンポが悪いのも気になる。


特に時間のかかるRPGで顕著だが、ゲームクリア後には独特の間が生まれる。
私は複数のゲームを同時に進めることが苦手で、いつも一つに集中して遊ぶ習慣があるのだが、ほとんど日常と化していたものがなくなるのは寂しい。
一方でこれから何を始めても良い気軽さはある。枷のようなものが外れ、積んでいたゲームや体験版を手に取ってみたり、前から気になっていたゲームを検討比較してみたり。

このふわふわと浮ついた感覚が、好きとも嫌いとも言えない。

心に余裕がなかった頃は、このぽっかりと穴が空いた感覚が嫌で、すぐに次のゲームを探していた。何かに没頭していなければ落ち着かない、という意識があった。
幸いなことに、今はそこまで切羽詰まってはいない。落ち着かないのは確かだが、焦って次を探さずに、もう少しこの状態を楽しむのも良いかもしれない。