こないだ2015年を振り返ったはずだが、もう2016年を振り返ることになるとは。
最近よく思うのは、自分が今までに生きてきた二十余年と、両親が生きてきた直近の二十余年は、同じ歳月でも体感時間が全く違うのだろうということ。僕にとってはそれが人生の全てだが、親にとってはそうではない。
これから自分が感じる時の流れは早くなる一方。十代の頃に流れていた小川とは比にならない急流を、きちんと捉えて固定化しなければ。

ここに書き残すのは、過去になりつつある2016年に愛したものたち。

[記録]
Evernoteの本格運用を始めたのが2015年の12月頭なので、一年通して使ったのは今年が初めてとなる。何度もスタック整理を繰り返したが、その過程で自分の考え方や趣向と向き合うことができた。主目的は「過去全体に検索をかけられるシステムを作る」ことだったが、それ以上に価値のある副産物を得た。
長らく機能していなかったブログや、立ち位置が安定していなかったTwitterも、Evernoteの補助輪として定義し直した。振り返れば、自分用のルールをいくつも定めた年だった。
最近では何かを始める時に「これはどうやってEvernoteに格納するか」を考えるようになった。ライフログやタスク管理に趣味の記録まで、あらゆる方面で依存しているので、何らかの問題でサービスが使えなくなると生活が成り立たなくなる。それだけが少々怖いところ。

[世界樹の迷宮]
2012年以来、久しぶりにナンバリング新作が発売されたのはめでたい。現在進行系で楽しく遊んではいるが、以前から感じていたマンネリもそろそろ限界に達しつつある。それでも5の世界観を継承して6や7を発売してくれないと困る。
スタッフが動いていないのは気になるし、来年3月発売のNintendo Switchにはタッチパネルや二画面という要素がない。1~4の流れと分断された5を出しておきながら、ここで一区切りされても困るのだが……。この先がとても心配なシリーズ。

[ポケモン]
今の子供には妖怪ウォッチの方が人気だと言われていて、実際にそれを体感もしていた。さらに2014年発売のORASが明らかに大人向け路線で、内心かなり落胆していた。
しかし今年は「ポケモンGO」が世界的なブームになり、最新作「サン・ムーン」が理想の出来だった。自分がポケモンに求めているのは、ポケモンと一緒に過ごす楽しく優しい世界。GOのポケモンを探して実際に歩く体験は新鮮だったし、サン・ムーンの島巡りも素晴らしい思い出になった。
あとはリアルポケモンセンターにも行く機会があり、改めてポケモンブランドの強さを思い知った。子供の頃から好きなものが、今も変わらず元気なのはありがたいこと。

[モンスターハンター]
2015年12月にX(クロス)が発売され、2016年10月にST(ストーリーズ)が発売。2017年3月にはXX(ダブルクロス)が予定されている。Xは個人的にシリーズ最高傑作、STは意外なほどに出来が良く世界観を広げた秀作。9月は狩猟音楽祭にも行って、例のごとく「生命ある者へ」で涙した。
次のXXは密林とセクメーア砂漠が復活し、P2の基本マップが全て出揃うことになる。ただXの時点で大ボリュームだった上に、発売時期がよろしくない。P2G以来ずっと発売日に買ってきたシリーズだが、悩みどころ。来年のことは来年になってから考えようか。
世界樹とは対照的にSwitchでの展開が楽しみなシリーズ。4以降の画質には物足りなさを感じているし、テレビ画面で最新作の狩りを体験してみたい。

[テレビ]
ほとんど置き物と化しているテレビが、今年はそれなりに活躍した。まず大河ドラマ「真田丸」。大河を完走できたのは、2012年の「平清盛」に続いて二度目。全ての登場人物への愛、丁寧で容赦のない描写、大河ならではの伏線回収が素晴らしいドラマだった。また重くなりすぎないように差し込まれるギャグ要素が、視聴の心理的なハードルを下げてくれたのもありがたかった。
大河の当たり年は、毎週日曜夜を楽しみに一年を過ごせるので、本当に幸せ。今日の総集編を観て、改めて今年は真田丸の年だったと実感している。
次にアニメ「逆転裁判」という名のナルマヨ祭り。原作よりヒロイン力が跳ね上がっている真宵ちゃんが可愛く、アニメのおかげで逆裁6をさらっと流せた感はある。
最後に「逃げ恥」。最終回前になって追いかけたが、ヒットする理由が分かる良作だった。一時期はテーマソングの「恋」が延々と頭の中を流れていて、気づいたら口ずさんでいたり。最終回は真田丸パロもあって、一種のお祭りに参加しているような感覚があった。

[創作]
形になったものは三編ほど。ここ数年の惨状と比べれば、長めのが二作ほど形になったので及第点。本当は世界樹の短編みたいなものを月一で仕上げられたら良いが、どうにも腰が重たくて。
16/01/30:書士と狩人1章 暖かき麓の村(MH)
16/04/27:宵の向こう(世界樹4)
16/10/30:書士と狩人2章 銀世界に立つ(MH)
「来年は○作ほど仕上げる」と毎年のように宣言しては挫折しているが、書士と狩人シリーズだけは何とか最後まで書ききりたい。このペースだと来年中に完走するのは厳しいので、MH6までには、何とか。

2016年は良い年だった。環境はころころと変わったが、後半になるにつれて快適になった。掃除や整理が進み、記録回りのシステムも完成した。
一区切り付いた年とも言える。後に自分の人生をいくつかに区切った時、2016年はある区切りの終わりに位置するように思う。
とすると来年以降が不安になってくるが、今そのことを考えても仕方がないし、来年のことは来年の自分に丸投げしていこう。ほどほどに頑張れ、2017年の自分。
関連記事

新年のゲーム事情

島巡りの思い出