新年のゲーム事情

新年あけましておめでとうございます。
2016年の総括だけで年末年始の義務を全て果たしたかのように思い、気づけば正月三が日も過ぎてしまっていた。まだブログには今年の抱負を書いていなかったので、しっかりと書いておこう。

「ゲームを10本クリアする」

これが大真面目に考えた、2017年の目標。
ゲームは趣味。この目標を達成するために、しっかりと趣味の時間を取りましょうというお話。

というのも、この数年でゲームのプレイスタイルが大きく変わってきた。
以前はコストパフォーマンスが高く、クリア後も数百時間単位で遊べるものに価値を見出していた。その最たる例がMHシリーズ。skypeで駄弁りながら徹夜で狩っていた時間は、それはもう楽しいものだった。

今はどうかというと、そこまで時間が取れないし、モチベーションも持続しない。ボリューミーなゲームを買っても、それを遊び尽くすことができなくなってきた。どちらかというと、30時間未満で完走できる、密度の濃いゲームを遊びたい思いが強い。

大好きな世界樹2のリメイク作である新世界樹2は、発売から二年経った今も裏ボスを倒せていない。MH4Gの狩り残しは「面白くなかったから」だと納得していたが、MHXは「面白かったのに」狩り残してしまった。
MHSTもポケモンムーンも本編に大満足したが、その楽しい記憶をクリア後の作業で上塗りしたくなくて、エンディングを見た後は一度も起動していない。砂漠のネズミ団さえ、エンディング後の要素は放置してしまっている。

まあ、それは良い。どのゲームも少なくともエンディングは迎えているのだから。完璧にやり込むことは諦めた。今後はクリアしたら充分だと考えるようにする。
問題は、さらに時間と気力が目減りした時。そのうち途中で挫折するようにならないか。最悪、買っただけで開封しなくなるのではないか。そうして、まともにゲームを遊べなくなっていくのではないか……?

ああ恐ろしい。そんな老い方は嫌だ。
クリア後のやり込みは断念しても、エンディングにすらたどり着けないのは困る。

そこで新年の抱負が「ゲームを10本クリアする」である。
ちゃんとクリアすることを意識して遊んでいく。クリアにやり込みは含まないが、もちろん自分がやり込みたいと思ったゲームはやり込んでいきたい。

現時点で遊んでいるのは世界樹5(裏)とFEif白夜(7周目)。e-shopの初売りセールに釣られてショベルナイトも買ったから、1月はこれだけで手一杯になるか。
あとは3月のSwitch発売までに、WiiUのソフトを何か一つ遊んでおきたいとも考えている。VCやWiiソフトも気になるが、現時点では♯FEが気になっている。