ゲームが好きだ。
子供の頃からゲームは最上の娯楽だったし、今も追いかけているシリーズがいくつかある。
遊ぶジャンルは偏っているものの、少なくともライトゲーマーの部類には入ると思っている。

が、たまにゲームをする時間が勿体ないと思える時がある。
特に一人用のゲームを黙々と遊んでいると、この時間で他のことができないかと考えてしまう瞬間がある。

こんなことは子供の頃は考えもしなかった。
嗜好が変わったのか、年を取り目新しさがなくなったのか、気力が落ちたのか。
時間が限られているのは、有力な理由の一つだ。
学生の頃はコスパ至上主義で、特に作業的なやりこみ要素があるゲームを喜んでいた。
今は長くても30時間ぐらいで終わるゲームを望んでいる。(そのわりにスマホゲーはぽちぽちと遊んでいるのがよく分からないが)


3月にNintendo Switchが発売された。
WiiUの早期撤退には思うところもあり、多少の警戒心も感じていたが、すぐに購入した。
スプラトゥーン2と、任天堂の新ハードを応援したい気持ちが半々だった。

同時にゼルダの伝説BotW(ブレス・オブ・ザ・ワイルド)を買った。
ロンチソフトの中では一番の大作。過去作はほとんど遊んだことがなかったが、今作はオープンワールドと聞いていたし、発売前の特集も面白かったので即決だった。

元から期待はしていたが、このゲームがとんでもない傑作だった。

冒頭で景色が広がる演出に息を飲んだし、リンクを動かしているだけで楽しい。
木になっているリンゴを取る時に、ジャンプして掴んでも良いし、木を登っても良いし、いっそ切り倒しても良いし、矢でリンゴを落としても良い。
そのリンゴを焚火に投げ入れたら焼きリンゴになる。
火は草むらにも燃え広がるし、武器に火を付けて魔物を攻撃できる。
魔物が取り落とした武器を拾って投げつけたら、見事にキャッチされる。

このアクションを取ったらどうなるのか、と試したらしっかり反応が返ってくる。
ゲームの底がまったく見えないまま、未知で広大な世界が広がっていて、どこにでも行ける。
「こんなゲームを遊びたかったんだ!」と強く興奮した。「これを待っていたんだ!」と。

年を取ってゲームを楽しめなくなったのかもしれないと不安がったり、その理由をあれこれと考えていたりしたのが噓のように、ハイラルの世界を冒険した。
特に平日のゲーム時間が睡眠時間に食い込んだのは、自分でも驚いた。
完全一人用のゲームに、ここまで没頭したのは久しぶりだった。


きっと僕はゲームに対するハードルが高くなっているのだと思う。
それを超えてきたのが、2015年のスプラトゥーンであり、今回のゼルダBotWだった。
このレベルの物が出てくるのは、そう短いスパンではないかもしれない。
次に同じような衝撃を受ける日がいつになるか、まだ分からない。

けれど本当に面白いゲームはまだまだ存在するし、その時は気力だの時間だのといった言い訳はあっさり消えてしまうものだと、よく分かった。
ゲームは面白い。それが変わらない限り、自分はゲームを好きでいられる。
そんな肯定感を与えてくれたゼルダBotWは、人生に残る大切な一本になった。

昨日ついにエンディングにたどり着いたので、良い機会だと思って書いた。
大きな旅は終わったが、これからまだ見ぬ祠を探しに出かけようかと思う。

関連記事

対戦ゲームが苦手な話

対外拠点としてのブログ

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿