高校時代にお世話になっていた楽団に、先月から復帰している。
大学の頃は帰省した時にしか顔を出せず、この数年はそれも叶っていなかった。
しかし今後しばらくは環境の変化もなさそうなので、改めて身を置くことにした。

パーソナルな時間を少なからず削ってまで、そうした理由は三つ。

一つ目は、自分のフィールドを増やしたいから。
内向的な人間なので、記録にしろ創作にしろ、自分だけで完結した趣味が多い。
それらの趣味とは性質や守備範囲の異なる、新たなフィールドが欲しかった。
複数の場を持つことで、どれか一つが滞っても別の場へ避難することができる。
何もかも上手くいかずに総崩れとなるのが一番困るので、そのリスク軽減。

二つ目は、価値観の偏りを避けたいから。
人の影響を受けやすい自覚がある。テレビやネットの意見は、距離を置いて冷静に接することができるが、生身の人間が相手となると入り込みすぎてしまう。
特に今の自分は、家族と職場という狭い範囲の価値観に染まりやすい環境にある。
色々な年代・立場の人が属している楽団は、価値観の第三極として適している。

三つ目は、青春だった吹奏楽を手放すのが惜しいから。
色々と理屈を付けてきたが、結局はこれに尽きるのかもしれない。
そもそも最初に楽団に入ったのも、高校の部活で早々に挫折した後、このまま吹奏楽を手放したくないと思ったからだった。
今はそれが全てではないから、あの時ほど切迫はしていないが。

もう少し広げると、楽団との縁を手放したくないという理由になる。
自分が高校生の頃から面識のある人たちがいて、たまに顔を出すと暖かく迎えてくれる場所なんて、今さら新たに巡り合えるものでもない。
もちろん人間関係だから煩わしいことも増えるだろうし、そのうち気に入らないことも出てくるだろうが、それは先の話。またその時に天秤にかければ良い。

過去に夢中だったものを引き揚げ、今の自分を形作る一要素として取り込む。
この自分を濃縮する行為自体は、記録趣味の延長線上にあるのかもしれない。
関連記事

ガチャに課金しない理由

8月になった話

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿