最近また小説を書きたい気分で、マイキャラの話をぼちぼち書いている。
自分が作ったキャラクターなので、自分が書かなければ供給がない。

設定やシナリオや一場面を考えるのは好きなので、ネタ帳(WorkFlowy)には大量の蓄えがある。
しかしこれを小説という形に仕上げるのが苦手で、とんでもなく時間がかかる。


時間があれば書けるかというと、自分には当てはまらない。
ありあまる時間があっても書けない(書かない)ことは分かっている。

文章を書く行為は単純作業ではなく、頭を使わなければならない。
脈絡のない日記や記録よりも、生産エネルギーを大量に使う。
特に最近はこれが顕著で、何とか書き上げた後には疲れ果ててしまい、しばらく創作に触れたくないと思うこともある。
あくまでも趣味なのだから、満足感よりも徒労感が上回っているのは具合が悪い。

小説を書くのは、とてもコスパの悪い趣味。
時間と労力を大量消費して、一つの形を作る行為。

しかし同じ結果なら過程はできるだけ楽にしたいのが本音。
他の趣味を削って時間と労力を捻出しても、根本的な解決にはならない。
どうにかしてコストを落としたいが、創作とはそういうものだと言えばそれまでで。

代替物がない怖さ

昔やってたブログの話

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿