FC2ブログ

すっかり風邪をひいてしまった。体調は先週から悪かったし、日曜の頭痛もこれが原因だったのだろう。
今度の風邪は喉からで、頭痛よりは良いかと捉えている。熱は出ていない。

風邪をひくと昔が思い出される……と、風邪のたびに書いている。
大抵のことはネット上に似たような事例が見つかるのだが、これは見つかった試しがないので、いつもより詳しく書き残しておく。


たとえば景色を眺めた時に、子供の頃に同じ景色を眺めていた時の感覚が蘇ってくる。一瞬だけ、場の空気が入れ替わるイメージ。
それを「忘れていたが昔はこんな感覚だった」と懐かしく捉えているので、自分の意識はいつも現在に根差している。

自分で意識して過去を思い出す行為とは、まったく異なる。
自分でも忘れているような細かい感触に、直接アクセスしている感覚がある。実際は忘れてなどいなくて、普段は取り出せないほど奥にある記憶に回路が繋がっているのだろう。
呼吸の瞬間に思い出されることが多いので、主に嗅覚が作用していると思われる。土や草の匂いで子供の頃を思い出すのが一番近い。

記憶といっても「特にシナリオのないあの頃の断片」が、まとめてフラッシュバックするものである。
今回でいえば、小学校の図工室、廊下を歩いている、ゲームボーイを遊ぶために急いで下校する、といったもの。子供の頃に通っていた病院の待合室や、風邪で学校を休んだ平日昼間に遊んでいるイメージもあった。

結局、子供の頃はよく鼻づまりを起こしていたから、それと似たコンディションになっているだけと結論している。
口内や喉の具合の悪さが、同じく具合の悪かった時期を連想させる。人生の中に「風邪」というタグが付いた時期が何度もあって、風邪をひくとそれらが参照されてくる流れ。
頭がぼんやりとしているのも関係しているかもしれないが、これは推測のみ。


……もう一度、ネットで同じようなことを言っている人がいないか探してみた。
今までは風邪や思い出すという単語で調べていたが、ここまで書いた流れから「匂い」を検索ワードに加えてみると、なんと答えが見つかった。

どうやら「風邪の匂い」という概念があるらしい。
たしかに今回も風邪を自覚したのは、昨日から風邪の匂いがするという理由による。嗅覚が弱いので他人にそれを感じたことはないが、自分に関しては間違いない。
あまり細かく言及すると綺麗な話ではなくなるが、個人的には痰が原因ではないかと思っている。

風邪と懐古が直接結びついているのではなく、単に風邪時特有の感覚(特に嗅覚)があって、そこから連想しているだけだったんだな。
長年のささやかな疑問に答えが出てすっきりした。早く治そう。

父の哲学

日常の切れ目に

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。