人はどのぐらいの時間スパンで生活しているのだろうかと考える。

僕はゲームを遊ぶ人なので、ゲームクリアが一つの区切りとなっている。
複数のゲームを並行して遊ぶことが苦手なので、大抵は一本に集中することになる。その間は仕事、食事や睡眠などの基本的な生活、そしてゲームで24時間を分かち合うことになる。
そのゲームをクリアすると、充てていた時間が宙に浮く。(18/02/05:日常の切れ目に

これは日々を送る上では結構な変化。
このゲームを遊ぶ前はどんな生活をしていたっけ、といつも考えてしまう。

一つのゲームをクリアするのに2~4週間程度かかる。ゲームの規模や他の用事との兼ね合い、モチベーションの関係もあって、大抵は月換算となる。
たとえば読書が趣味の人は、もっと短いスパンで生活が変化していくだろうし、アニメやドラマを見る人は3か月ぐらいで切り替わるのかもしれない。
時間の捉え方、日常が更新されるスパンは、人によって全く違うのかもと考えた次第。

楽団と五輪と花粉の話

父の哲学

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿